年利3パーセントで資産運用する方法は?運用イメージとともに解説

MONEYと書かれたブロックとお金

資産運用する場合、一つの目安としたいリターンが年利3パーセントです。年利3パーセントで運用できたのであれば、一定の成功を収めたと言ってもいいでしょう。

本記事では、年利3パーセントの資産運用の方法や運用する際のポイント、また開始時期について解説します。

初心者にもできる?年利3パーセントの資産運用

ハートを掴む手とお金

年利3パーセントというのは、初心者にとっても難しい目標数値ではありません。年利とは1年間の利回りのことで、投資した金額に対する1年間のリターンがいくらなのかを指しています。たとえば年利3パーセントであれば、100万円を資産運用して、1年後に103万円になるということです。

当然、年利が高いとリターンは大きくなりますが、またリスクも同様に高くなります。「年利が高い=ハイリスクハイリターン」ということを念頭に置いておきましょう。

それでは、投資の対象となる金融商品について年利の観点から解説します。

実現可能性は投資の対象で変わる

投資の対象には、預金や債券、投資信託、株式、FXなどさまざまな種類があります。リスクやリターンは、どの対象に投資するかで異なるのです。次の図は、金融商品(投資の対象)をリスクとリターンの観点から大まかに分類したものです。

投資対象ごとのリスク・リターン

図にあるように、「預金や債券」はローリスクローリターン、「投資信託や株式」はミドルリスクミドルリターン、「FXや仮想通貨」はハイリスクハイリターンに分類されます。

現在は超低金利で、ただ銀行に預けていては資産の増加は期待できません。債券も個人向け国債の金利は固定金利型で0,05パーセントほどと、こちらも増やすには厳しいと言えるでしょう。しかし元本割れなどのリスクはほとんどないため、ローリスクローリターンで着実に増やしたい人に向いています。

投資信託や株式は、ミドルリスクミドルリターンと言えるでしょう。投資信託とは、多くの投資家から資金を集めて、ファンドマネージャーという投資のプロが代わりに運用しリターンを狙う金融商品です。得られたリターンは、資金を出した投資家に配分されます。株式は上手に運用するとかなり大きなリターンが得られますが、元本割れの可能性も高く、投資する際には十分に気をつけなければなりません。

FXや仮想通貨はハイリターンを狙えますが、リスクも非常に大きいため初心者は慎重に判断したほうがいいでしょう。

初心者は年利3パーセントを目標に

投資の初心者は、年利3パーセントほどを目標に運用しましょう。先ほども述べましたが、年利3パーセントはそれほど難しい数値目標ではありません。

日経平均株価やTOPIXを参考にすると、国内株式はおおよそ年利3〜4パーセントほどです。海外株式はS&P500やダウ平均株価を参考にすると、おおよそ年利は5〜7パーセントほどとかなり高くなっています。

ただし世界情勢や経済状況によっては、この数値もマイナスになることもあるため、リスクを減らすために債券や投資信託などをバランスよく購入することが必要でしょう。

なお、日経平均株価やTOPIX、ダウ平均株価、S&P500の意味は次の通りです。

  • 日経平均株価:東京証券取引所一部上場の日本を代表的する225銘柄を対象として算出する株価指数
  • TOPIX:東京証券取引所一部上場の全銘柄を対象として算出する株価指数
  • ダウ平均株価:ダウ・ジョーンズ社が発表する、ニューヨーク証券取引所やナスダックに上場している工業株30銘柄を対象として算出する株価指数
  • S&P500:ニューヨーク証券取引所やナスダックなどに上場している代表的な500銘柄を対象として算出する株価指数

投資を始めると、日本や海外の経済状況や企業の業績などに興味を持つようになります。資産運用する際には、このような言葉も少しずつ覚えていきましょう。

年利3パーセントで運用する4つのポイント

お金

それでは、年利3パーセントで運用するときのポイントを4つ紹介しましょう。

1.長期間にわたって積み立てる

資産運用するときの基本は、「長期・分散・積立」です。安定的にリターンを得るためには長期間に渡って積み立てることが欠かせません。とくに「定期・定額」で積み立てることが大切です。

たとえば、毎月1日に3万円ずつを投資するとしましょう。価格に関係なく定期的に購入することで、価格が高いときは少量を、安い時には多くを購入でき、全体として購入価格を平均化することができます。

また、長期間にわたって運用することにより複利の効果はさらに大きくなり、雪だるま式に資産は増えるのです。複利効果についての詳しい説明は後述します。

2.長期間にわたって複利で殖やす

長期間で運用するとなぜ資産が雪だるま式に増えるかと言うと、複利効果を得られるからです。

ここで、資産運用に大きな影響を及ぼす複利と単利について説明します。単利とは、何年経っても元本に対してのみ利息がつくことです。一方、複利とは、元本に追加された利息に対しても利息がつくことを言います。

たとえば100万円を年利3パーセントで運用するとしましょう。単利では、何年経っても元本の100万円にしか利息がつきません。しかし複利の場合、2年目は元本+1年目の利息の合計である103万円(100万円+3万円)に対して利息がつきます。その翌年も、また利息が追加された総額に利息がつくため、雪だるま式に増えるのです。

次の図を見るとイメージがつきやすいでしょう。長く運用するほど、複利効果によって、金額の差に大きな開きが生じるのです。

複利と単利の資産運用の結果図

3.インデックスファンドへの投資

安定的なリターンが見込める金融商品にインデックスファンドがあります。インデックスファンドとは、ベンチマーク(目標とする指数)と同じような値動きをする投資信託のことです。先ほど述べた日経平均株価やTOPIX、ダウ平均株価などがベンチマークとなります。

投資信託は運用方法によって2つに分類されますが、そのひとつがインデックスファンドです。もうひとつはアクティブファンドと言い、ベンチマークを上回るリターンを目指します。アクティブファンドはファンドマネージャーの腕によって成績が異なるため、手数料(信託報酬と言う)も高くなりがちです。

一方インデックスファンドは、ファンドマネージャーの腕はそれほど関係ないため、手数料を抑えることができます。

インデックスファンドの仕組み

インデックスファンドの平均年利は、世界株式では4〜6パーセントほどです。年利3パーセントの運用を目指すのであれば、インデックスファンドを利用するのがおすすめです。手数料を抑えながら、長く運用するのに適していると言えるでしょう。

4.複数の資産に分散できるファンドも

通常、投資信託(ファンド)には、さまざまな資産(国内株式や債券など)が組み入れられているため、ひとつの投資信託を購入するだけで分散投資をすることになります。8資産均等型や6資産均等型、4資産均等型のようなバランスファンドであれば、手数料をさらに低く抑えることができるでしょう。

8資産均等型や6資産均等型、4資産均等型の資産の内訳は次の通りです。

  • 8資産均等型ファンド:国内債券、国内株式、先進国債券、先進国株式、新興国債券、新興国株式、国内リート、先進国リートの8資産に均等に投資するバランスファンド
  • 6資産均等型ファンド:国内債券、国内株式、先進国債券、先進国株式、国内リート、先進国リートの6資産に均等に投資するバランスファンド
  • 4資産均等型ファンド:国内債券、国内株式、先進国債券、先進国株式の4資産に均等に投資するバランスファンド

このような資産均等型ファンドは分散投資に適しているため人気があります。投資初心者でどのような金融商品を選べばいいのか分からない場合は、資産均等型ファンドもおすすめです。

年利3パーセントの運用イメージをつかむ

青空に浮かぶ矢印の形の雲

ここでは、年利3パーセントで運用する場合、どのように資産が増えていくのかをイメージしましょう。

24年間で資金が2倍になる

複利の効果を知るうえで押さえておきたいのが、「72の法則」と言われるものです。これは、資産を2倍にするには何年かかかるかを簡易的に計算する計算式のことを指します。計算式は次の通りです。

  • お金が2倍になる年数(概算)=72÷金利

この計算式によると、年利3パーセントで運用した場合、資産が2倍になるためにかかる年数は24年(72÷3=24年)です。年利5パーセントであれば、14.4年(72÷5=14.4)あれば、資産が2倍になります。

金融商品を選ぶときには、この計算式に年利を当てはめると、どのくらいの年月で資産が2倍になるのかが簡単に算出できるでしょう。

毎月1万円を24年間投資したら?

それでは、年利3パーセントの投資信託を毎月1万円ずつ購入し、24年間積み立てた場合にいくらくらいになるのか見てみましょう。複利効果を確認するために、ただ貯金しただけの場合(いわゆる年利0パーセント)と比べます。結果は次の通りです。

  • 貯金した場合(年利0パーセント):2,880,000円(1万円×12ヶ月×24年間)
  • 年利3パーセントで運用した場合:4,210,353円(元本2,880,000円+運用利益1,330,353円)

年利3パーセントで運用すると、24年間の間に約133万円の利益が出るのです。ただ貯金しただけの場合と比べると、その差は明らかでしょう。

金融庁が提供している資産運用シミュレーションで簡単に確認できるため、試してみてください。

※参考:金融庁「資産運用シミュレーション」

年利3パーセントの資産運用をいつ始めるか

MONEYの文字を持った指

資産運用をいつ始めたらいいのか、タイミングが分からない人は多いのではないでしょうか。「今、株価が上がっているから、少し下がってからにしよう」と待っていたら、タイミングを逃してしまったということはよくあります。

ここでは資産運用をいつ始めるべきか、そのタイミングについて説明しましょう。

思い立ったらすぐ始めるべき

先ほども述べましたが、投資の基本は「長期・分散・積立」です。積立投資であれば、思い立ったらすぐ始めるべきと言えるでしょう。

なぜなら、積立投資なら定期的に定額で積み立てていくため、いつ始めるかはほとんど関係ないからです。購入するタイミングを考慮する必要がないため、ストレスをほとんど感じることなく資産運用ができます。

「チャンスが来たら」は間違い

積立投資では「チャンスが来たら」という考え方は間違いです。積立投資は早く始めれば始めるほど、複利効果が期待できます。投資信託は利益が出ると投資家に分配金が支払われますが、分配金を再投資することでさらに大きな複利効果をも見込めるでしょう。

つまり、積立投資で唯一ベストなタイミングは、「思い立ったとき」ということです。

まとめ

LIFEの文字が書かれたブロック

資産運用で年利3パーセントは、それほど困難な数値目標ではありません。分散投資しながら長期に渡り積み立てていくことで、年利3パーセントは達成できるでしょう。とくに積立投資は、より長く積み立てることでより大きな複利効果を期待できます。

資産運用を始めるベストタイミングは、「思い立ったらすぐ」です。家計に負担のない範囲で、「長期・分散・積立」の基本に則って資産運用を始めましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修】青柳仁子

◆一般社団法人 日本コンサルティングFP普及協会 代表理事 ◆一般社団法人 ウーマンリッチ実践協会 代表理事 ◆Hito.co株式会社 代表取締役 ◆投資スクールブルーストーンアカデミー 代表 ◆日本ビジネスインテリジェンス協会 理事 ◆日本経済大学大学院 臨時講師 ◆明治大学リバティアカデミー 講師 ◆大手コンサルティング会社で中小企業の財務改善を手掛け、最年少女性マネージャーとして史上初の最優秀賞を得る。その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 ◆個人の家計相談に乗り、3か月で100件の契約を取得し、社長賞を得る。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 ◆2010年に投資スクール『ブルーストーンアカデミー』を設立し、8年で受講生1600名を突破。グループ年商1億円の事業に育てる。相談件数累計20,000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。売り上げの一部をチャリティ団体に寄付
MONEYと書かれたブロックとお金

お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!