【女性向け】早くお金を貯めるために実践したい5つの節約術

「お金を貯めたいとは思っているけど、なかなか貯まらない…」そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか?早くお金を貯めるためには、日頃から意識的に節約を心掛ける必要があります。

それでもお金が貯まらないのは根本的な節約の考え方や事前準備の不足などが原因だと考えられます。

そこで今回は、

・お金が貯まる考え方
・節約前に行っておきたいこと
・おすすめ節約術

この3点について詳しくご紹介していきましょう。特に女性が活用しやすい節約術もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

お金が貯まる考え方

お金を貯める目標を決める

素早くお金を貯めるためにも、まずは考え方から変えていきましょう。どういう考え方を持つとお金が貯まっていくのでしょうか?

「何となくお金がないから貯金したい」、「将来のためにお金を貯めておきたい」という理由で貯金している方は意外と多いです。しかし、漠然とした将来に向けてお金を貯めようと思ってもモチベーションが上がりにくく、節約が継続しない可能性があります。

そこで、まずは節約を始める前に「なぜお金を貯めたいのか」目標を決めてみましょう。例えば、単純に老後のためにお金を貯めたいと思っている方は、お金を貯める期間とどれくらい貯めたいか、貯めたらどう使うかを考えてみてください。

お金を貯める期間やどれくらい貯めたいかが決まれば、目標を達成するために必要な毎月の貯金額も決まります。期間や目標金額以外にも、老後はどんな生活をしたいのかを考えると必要な金額が変わってきます。

節約を意識しすぎると失敗しやすい

節約に対する考え方として、あまり節約を意識しすぎてしまうと失敗する恐れがあるので注意が必要です。毎日1円でもお得に生活しようとするとお金ばかりに意識が向いてしまい、心が疲れてしまいます。

心が疲れている状態で節約をしても続きませんし、場合によってはいつか我慢できなくなり、散財してしまう可能性があります。節約は楽しく、無意識にでもできるくらいにすると続けやすくなりますよ。

大事なもの・自己投資にはお金を使う

自分が大事にしているものや自己投資する部分を節約すると、心に豊かさが不足しやすいです。

例えば、年齢を重ねていくにつれて自分の体に対する投資も必要です。しかし、食費などを節約していった結果、栄養素が不足して体調が悪化してしまったとします。病院代や薬代も馬鹿にならないため、自分の体を壊すような行為は節約と言えないのです。

節約を心掛けていても自分の健康を妨げたり、心の豊かさを減らしてしまったりするような節約術は取り入れない方が良いでしょう。

節約前に行っておきたいこと

現在の支出がどれほどあるのか把握する

まずは現在、毎月どれくらいの支出があるのか把握してみましょう。月によって違いはありますが、大体の支出が分かるとそこから逆算して毎月使える金額や貯金額を算出できます。

また、現在の支出がどれほどあるのかを把握すると、自分が一番何にお金を使っているのかが見えてきます。お金を使っているものが多い部分は節約できるところがないか、考えてみてください。

確実に貯金できる仕組みを作る

お金を貯める考え方として、無理をせず無意識にでも節約できると楽だとご紹介しましたが、あらかじめ無意識にでも貯められるような仕組みを作っておきましょう。

例えば、給料が振り込まれたらすぐに貯金分を別口座に移し、その口座は絶対に使わないようにするやり方があります。会社に財形貯蓄制度がある方は、給料やボーナスから勝手に天引きされるため、わざわざ貯金用口座に移す手間も省けるでしょう。

複数口座を用意する必要がありますが、簡単に貯金できるのでおすすめです。

収入を増やすことも考えてみる

もし節約術だけではどうにもならない、支出を減らせないという場合は、収入を増やせないか考えてみましょう。

キャリアを持っている方だと転職によって給料がアップすることもあります。キャリアがなかったとしても、副業などで収入をアップさせることは可能です。特に近年は企業でも副業を解禁するケースが増えています。

ある程度資金があるなら投資をするのもおすすめです。副業では本業も含めて仕事をする時間が増えますが、投資は信託などを活用すると好きなことに使える時間が増えます。

実践したくなる、おすすめ節約術

家計簿や家計簿アプリを利用して毎日の支出を分かりやすくする

毎日の支出を把握することでどんなことにお金を使ったのか反省でき、次にお金を使う時に抑制につながります。ただ、毎日5分だけでもレシートの内容を家計簿に移す作業は面倒だと感じる方は多いです。

そこでおすすめなのが、家計簿アプリです。家計簿アプリには簡単に入力できるものもあれば、レシートを撮影するだけで支出入力が完了するものまであります。

自分の使いやすいアプリを活用して、毎日どれくらい支出があるのか分かりやすくしてみましょう。

家賃・通信費・保険などを見直してみる

節約する時に見直しておきたいのは家賃や通信費、保険料などの固定費です。毎月固定で支払わなくてはいけないものを真っ先に見直し、安くできないか考えるだけで大きな節約につながります。

特に通信費や保険料は見直しが面倒と思ってしまうかもしれませんが、一度見直してしまえば簡単に節約できるので、食費などを節約する前に固定費を見直すようにしましょう。

コンビニよりもスーパーで買い物をする

皆さんは毎日コンビニで飲み物やおかず、お菓子などを買ってはいませんか?確かに、コンビニは身近にあってとても便利です。しかし、コンビニばかりを利用するのは節約につながりません。

コンビニとスーパーで同じものが販売されていても、スーパーなら2割程安く売られている傾向にあります。せっかく同じものを買うならスーパーの方が節約できるので、毎日コンビニに行く人は少しずつでもコンビニではなくスーパーでのまとめ買いを検討してみてください。

美容代は適度な節約がおすすめ

女性は男性よりも美容代にお金が掛かってしまうケースが多いです。スキンケアやメイク、ヘアカット・カラーにお金が掛かり、中には脱毛サロンやネイルサロン、ヨガサロンなど、日に関係するサロンに通っている人もいるため、余計にお金が掛かることでしょう。

こうした美容代は節約することもできますが、あまり節約しすぎるのも良くありません。もし節約するならサロンに通うのを辞めてしまうよりも、クーポンなどの活用で節約できないか考えてみましょう。

スキンケアやメイクなどはサンプル品の活用やプチプラアイテムに変えてみることで節約につながります。ただ、自分の肌に合わないものを使ってしまうと肌荒れを引き起こし、本末転倒になるので注意が必要です。

自炊で節約するなら「冷凍」を駆使する

自炊で節約しようと考えているなら、冷凍を活用してみましょう。食費の節約で失敗しがちなのは、スーパーでまとめ買いした食材がいつの間にか腐ってしまい、捨ててしまうケースです。これではせっかくまとめ買いしたのに節約できません。

一人暮らしの場合は特に食材を使い切るのも難しいでしょう。野菜や肉、魚などは最初から冷凍保存してしまえば、長期間掛けて使い切ることが可能です。ご飯や食パンも冷凍保存できるので、冷凍を駆使して食費の節約につなげてみてください。

まとめ

女性は美容代などにもお金が掛かってきますが、節約術をうまく使えば毎月の支出を減らし、お金を貯めることは可能です。まずはお金を貯める目標を決め、固定費などを見直してから今回ご紹介した節約術を取り入れてみてください。


お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!


ABOUTこの記事をかいた人

青柳仁子

◆一般社団法人 日本コンサルティングFP普及協会 代表理事 ◆一般社団法人 ウーマンリッチ実践協会 代表理事 ◆Hito.co株式会社 代表取締役 ◆投資スクールブルーストーンアカデミー 代表 ◆日本ビジネスインテリジェンス協会 理事 ◆日本経済大学大学院 臨時講師 ◆明治大学リバティアカデミー 講師 ◆大手コンサルティング会社で中小企業の財務改善を手掛け、最年少女性マネージャーとして史上初の最優秀賞を得る。その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 ◆個人の家計相談に乗り、3か月で100件の契約を取得し、社長賞を得る。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 ◆2010年に投資スクール『ブルーストーンアカデミー』を設立し、8年で受講生1600名を突破。グループ年商1億円の事業に育てる。相談件数累計8000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。売り上げの一部をチャリティ団体に寄付