【女性向け】お金の管理が簡単にできる!おすすめアプリ3選

日常生活でお金は非常に大切なものであり、限られた範囲で使うためには管理が重要です。毎月予算を立てて、支出はしっかり家計簿に記入している女性は多いと思いますが、そこでおすすめしたいのは気軽にお金の管理ができるアプリになります。

今、アプリストアではお金の管理アプリがたくさん登場しており、家計簿以上に多機能なので非常に便利です。そこで今回は、お金の管理にアプリがおすすめの理由やおすすめの女性向け管理アプリを厳選してご紹介しましょう。

お金の管理をするならアプリを活用しよう!

家計簿よりも簡単にお金の管理ができる

お金の管理アプリをおすすめする理由の1つは、家計簿以上に簡単に管理ができることです。通常、レシートや領収書、請求書から家計簿に書き出し、計算して月の支出額を求める必要があります。

初めは真面目に取り組むものの、手間のかかる作業なので途中でやらなくなってしまう人は多いです。しかし、アプリなら用途や金額を入力するだけで、自動的に支出を計算してくれるので最低限の動作だけで簡単に管理できます。

予算と支出を見比べやすい

お金の管理アプリの中には予算管理機能を持っているものもあります。毎月の予算と振り分けを設定でき、その予算で生活ができているのか実際の支出データと見比べて確認することが可能です。

毎月どこで支出しているのか、考えていたものとどれだけ違うのか把握できれば、予算の設定や節約の見直しがしやすくなるでしょう。グラフで表示しているケースがほとんどなので、視覚的に見比べやすいのもアプリならではの利点です。

銀行口座やクレジットカードと連携できる

お金の管理アプリでは銀行口座やクレジットカードと連携できる可能なものもあります。

通常、銀行やクレジットカードの集計は通帳記入や請求書を見ないと分かりませんが、連携していると自動的に集計しているので、今月どれだけ使ったのか把握することが可能です。特に家計全体を管理したい時は、銀行口座やクレジットカードと連動させることをおすすめします。

ただ、セキュリティ上、不正使用の被害に合わないか心配な方は多いでしょう。登録するデータは利用状況を確認するためのログイン情報であり、銀行口座やクレジットカードの暗証番号ではないので、勝手に利用される心配はほぼありません。

特に銀行口座はキャッシュカードがないと基本的にお金を勝手に引き下ろすことはできません。セキュリティの不安を解消するために、二重・三重の認証設定を設けているアプリもあるので安心して連携できます。

お金の管理に便利なアプリの種類

気軽に始められる、お小遣い帳タイプ

お金の管理アプリは大きく分けて3つのタイプがあるので、まずはお小遣い帳タイプからご紹介していきます。

お小遣い帳タイプはシンプルに支出を記入して、日や月単位で簡易的に集計できるアプリです。リストやカレンダー表示、グラフとシンプルな表示がスタンダードです。

細かな管理はできませんが、最低限の機能を求めていて煩わしい操作を必要としない女性向けと言えます。今月のお小遣いとお小遣いが追加される金額、貯金したい金額などを設定できるアプリもあります。

細かく管理できる、家計簿タイプ

家計簿タイプはお小遣い帳タイプを多機能化させたアプリで、より細かく管理できます。アプリにもよりますが、食費や光熱費、生活費など支出内容をカテゴリ分けでき、また支払いがカードなのか現金なのかも入力可能です。

予算管理機能が備わっているものが多く、やりくりが必要な日数や1日に使える平均額ななどを計算して表示してくれる機能もあります。

また、カメラでレシートを撮影し、そこから自動的に入力してくれる便利機能が備わったアプリも多いです。銀行口座やクレジットカードと連携が可能なので、スマホ1台で家計を丸ごと管理したい女性向けのアプリです。

本格的にお金の管理ができる、クラウドタイプ

より本格的にお金の管理を行いたい女性はクラウドタイプがおすすめです。

基本的な機能は家計簿アプリと変わりませんが、クラウドタイプは普段使っているスマホだけではなく、クラウドを通じてパソコンやタブレットなど他のデバイスと同期させることができます。個人だけではなく、家族でお金を一括管理するために共有家計簿を作りたい時に便利なアプリです。

アプリによってはcsvファイルの入出力に対応しているので、パソコンから作成したファイルをアプリにインポートしたり、逆にアプリから出力したデータをパソコンで表示させたりすることもできます。

機械に疎い女性にもおすすめ!簡単入力が可能なアプリ

おカネレコ

おカネレコはiPhoneとAndroidの両方に対応した家計簿アプリです。個人情報を入力する必要がなく、また収入や出費を入力するだけのシンプルな操作性から人気を集めています。

データはクラウド上の保存されるのではなく、アプリを使っているデバイス内なのでデータが流出してしまう危険性もありません。詳細設定でパスコードや指紋認証によるアプリロックを設定できるので、プライバシーの保護機能も万全です。

1ヶ月あたりの支出分は円グラフか棒グラフで可視化され、好きなグラフに切り替えて管理できます。詳細設定からは毎日の入力忘れを防止するためにリマインダーの通知時間が設定できるほか、消費税率や端数の処理などを細かく設定可能です。

基本的に利用は無料ですが、月額制や使いたい機能に課金できる有料版も存在します。有料版ではレシートの読み込みやクラウドでの同期、カテゴリ数の追加、データのバックアップなど使える機能を使用できるようになります。

おとなのおこづかい帳

おとなのおこづかい帳はiPhoneやiPadで使用できる家計簿アプリです。

支出額、項目名、日付、カテゴリを入力・選択して入力するだけのシンプルな操作性となっています。カテゴリには交際費や保険、振替などがあり、まさに働く女性向けの家計簿アプリです。

収入の入力ではお財布、銀行、へそくり、任意のカテゴリに分けて管理することができます。入力した情報は一覧表示とカレンダー、レポートから円グラフで確認することが可能です。

レポートでは支出の割合だけではなく、支出額や収入、予算、残りの総資産額などもあるので分かりやすく、効率良くお金の管理が行えます。余計な機能がないので、機械操作が苦手な人も苦労せずに使えます。

レシーピ!

レシーピ!はiPhoneとAndroidから無料で使える家計簿アプリです。可愛いゆるキャラがあしらわれたデザインと無料なのに多機能である点が、女性人気の高い理由となっています。

他の家計簿アプリ同様に毎月の予算の設定や手動での支出入力が可能で、カレンダーや費目別の内訳グラフの表示でお金管理が行えます。

また、レシート読み取り機能が使え、長いレシートの読み込みにも対応しているので、たくさんお買い物をした時に便利です。

レシーピ!の面白いところは、レシートから読み込んだ食材からNHKの「きょうの料理」で紹介されたレシピを教えてくれるので、毎日の献立決めに悩む女性にもピッタリと言えます。

他にもdポイントや楽天Edyなどのポイントカードと同期でき、レシート読み込みでポイントが加算されるキャンペーンを実施しているので、キャッシュレス決済が中心の人にもおすすめです。

設定からしっかりモードに切り替えれば、銀行口座やクレジットカードとも各最大10個まで連帯でき、家賃・光熱費などの管理も行えます。ただし、1度しっかりモードにするとかんたんモードに変更できないので、慎重に切り替えましょう。

まとめ

お小遣い帳アプリや家計簿アプリを使えば、煩わしさを感じていたお金の管理がより楽になるのでおすすめです。多機能で使いやすいアプリがたくさんあるので、自分に合ったアプリを探すことができます。

大きく分けてお小遣い帳、家計簿、クラウドの3タイプがあるので、目的に合わせて選ぶようにしましょう。ご紹介したアプリはあまりアプリを使わない人にも使いやすいものをピックアップしたので、スマートにお金の管理がしたい女性はぜひ参考にしてみてください。


お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!


ABOUTこの記事をかいた人

青柳仁子

◆一般社団法人 日本コンサルティングFP普及協会 代表理事 ◆一般社団法人 ウーマンリッチ実践協会 代表理事 ◆Hito.co株式会社 代表取締役 ◆投資スクールブルーストーンアカデミー 代表 ◆日本ビジネスインテリジェンス協会 理事 ◆日本経済大学大学院 臨時講師 ◆明治大学リバティアカデミー 講師 ◆大手コンサルティング会社で中小企業の財務改善を手掛け、最年少女性マネージャーとして史上初の最優秀賞を得る。その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 ◆個人の家計相談に乗り、3か月で100件の契約を取得し、社長賞を得る。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 ◆2010年に投資スクール『ブルーストーンアカデミー』を設立し、8年で受講生1600名を突破。グループ年商1億円の事業に育てる。相談件数累計8000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。売り上げの一部をチャリティ団体に寄付