銀行員の資産運用には制限がある!注意点とおすすめの資産運用を解説

銀行の看板の画象

銀行員が資産運用する場合、インサイダー取引や投機的投資に注意して運用することが求められます。本記事では、まず資産運用の心構えから、銀行員が資産運用する際に注意すべき点、またおすすめの資産運用について詳しく説明します。銀行員の人はぜひ参考にしてください。

資産運用への心構え

男性がグラフを指している画像

資産運用をする前には、金融商品ごとのリスクやリスク分散について、理解を深めることが重要です。つまり、資産運用には心構えが必要なのです。そもそも資産運用とは、株式や債券を購入して資産を増やすことをいいます。

資産運用初心者は、「投資をすれば自然に増えていくだろう」と勘違いしがちですが、それは少し甘い考えです。銀行員の資産運用を考える前に、まずは「資産運用への心構え」から紹介します。

ローリスク・ハイリターンの金融商品はない

金融商品には、ローリスク・ハイリターンの金融商品はないと思いましょう。金融商品はそれぞれリスクとリターンが異なり、ローリスクであればローリターン、ハイリスクであればハイリターンです。もしハイリターンを狙いたければリスクも覚悟しなければなりません。

次の図を見てください。

金融商品によるリスクとリターンの違いのイメージ

ここで取り上げられている金融商品は、預貯金、債券、投資信託、株式の4つです。この図は、これらの金融商品の大まかなリスクとリターンを表しています。

元本確保型の預貯金や債券は、ほぼ元本割れはなく安全な金融商品です。投資信託とは、多くの投資家から集めたお金を投資の専門家が代わりに運用し、リターンを出す金融商品のことを指します。投資信託には様々な商品があり、商品によってリスクは異なるため、選ぶときは注意が必要です。

金融商品を選ぶときは、どのくらいのリスクを許容し、どのくらいのリターンを得たいのかを考えて選びましょう。

株価の予想はできないためリスクを分散する

株価や為替などは、国の経済だけでなく様々な要因が絡み合い価格が決まるため、プロでも予想するのは困難です。

実際に投資を始めると株価に興味が湧き、「来年の株価は?」といったプロが執筆した記事を読むようになります。そうすると、プロでも予想できない(当たらない)ことがすぐにわかるでしょう。

投資を行う場合は、リスクを分散することが欠かせません。リスク分散は、「地域の分散」「種類の分散」「時間の分散」の3つの観点から行います。

リスク分散の3つの観点は、次の通りです。

  • 「地域の分散」:国内だけでなく海外の金融商品も購入すること
  • 「種類の分散」:債券や株式、投資信託など複数の金融種類を購入すること
  • 「時間の分散」:時間をずらして金融商品を購入すること

株価の予想はできないためリスクをゼロにはできませんが、分散投資をすることによりリスクを軽減できます。

余裕資金で資産運用することが大切

資産運用する際は、余裕資金で行うことが大切です。余裕資金とは、生活するうえで当面必要としないお金を指します。

お金の使い方のイメージ

上図のように余裕資金を使った投資であれば、必要に迫られて売り急ぐこともありません。タイミング悪く価格が下がった時点で、売らざるを得ないという事態を防げるのです。また余裕資金で運用しないと、価格が下がったときのストレスが大きく、運用自体が辛くなってしまいます。

投資をしていると、価格が下がり、資産が目減りしたり元本割れを起こしたりということを度々経験します。その度に売却していては、資産が増えることはないでしょう。投資は長く運用することによって、安定したリターンを得られるからです。

長く運用できるように、価格が下がってもすぐに売却しなくてもすむ余裕資金で行うことが大切です。

銀行員の資産運用で注意すべき点とは

×と書かれた爪楊枝を持つ指の画像

銀行員の資産運用で注意すべきポイントは、「インサイダー取引にならないこと」と「投機的利益を追求しないこと」です。またそれぞれの銀行によって独自の決まり事が設けられている場合もあるため、十分気をつけて資産運用をしなければなりません。注意すべき点について、詳しくご説明しますので、資産運用前に必ず確認してください。

金融商品取引法に抵触しないようにする

銀行員が資産運用する場合、金融商品取引法に抵触しないようにしなければなりません。金融商品取引法とは、有価証券の発行や売買などの金融取引を公正なものとするために定められた法律のことです。

金融商品取引法のメインとなる内容は、次の4つです。

  • 投資家の保護
  • 情報開示制度の拡充
  • 取引所の自主規制機能の強化
  • インサイダー取引など不公正取引への対応

銀行員が資産運用する場合、最後の項目「インサイダー取引」について注意が必要です。

インサイダー取引にならないようにする

そもそもインサイダー取引とは、「会社内部の情報を知る人間が、重要事実についての情報が公表される前に株式の売買などを行うこと」を指します。銀行員の場合、職業柄、会社の内情を知る機会が多いため注意が必要なのです。

株式投資においては、仕事上知り得た情報を元に取引をすると、大きく利益を得ることができるかもしれません。それぞれの銀行によってルールは異なりますが、銀行員が株式投資を行うときはインサイダー取引にならないように気をつける必要があります。

投機的利益の追求は禁止されている

もう一点、銀行員が資産運用する際に気をつけるべきことは、投機的利益の追求は禁止されていることです。投機的利益とは、主にレバレッジ取引と短期売買を指します。レバレッジ取引とは、証拠金を担保にして実際持っている金額よりも何倍もの金額で取引を行うことです。

レバレッジ取引の代表格がFXでしょう。FXとは簡単にいうと、異なる国の通貨同士を売買して利益を狙う金融商品のことをいいます。実は、FXはインサイダー取引の対象ではないのですが、銀行員は原則、FX取引は禁止です。

2014年に銀行員が起こした、顧客の資金を自分のFX口座で投資した結果、大きな損失を出した不正問題が影響しているといわれています。また、投機的な投資では常に価格変動が気になり、本業が疎かになりがちです。そういった理由からも、銀行員は投機的な投資が禁止されているのです。

銀行員におすすめの資産運用5選

右上がりを示す画像

銀行員が資産運用する場合、銀行員ならではの注意が必要ですが、すべての金融商品が禁止されているわけではありません。投資信託、ETF、不動産投資、保険、ソーシャルレンディングは、銀行員でも安心して利用できる資産運用方法です。それぞれの金融商品の特徴についてご紹介しますので、資産運用をはじめる際の参考にしてください。

1.投資信託

銀行員におすすめの金融商品に投資信託があります。投資信託は、様々な金融商品を組み合わせたパッケージ商品のため、個別銘柄の価格はほとんど影響せずインサイダー取引の心配はないでしょう。

また運用自体も運用会社が行うため、銀行員が不正を行うチャンスなどありません。疑いの目を向けられることもなく、比較的リスクの低い投資信託は、銀行員が資産運用するのにおすすめです。

2.ETF

ETFとは上場投資信託のことです。上場している投資信託のことで、内容は通常の投資信託とほとんど変わりません。通常の投資信託よりも手数料が安いため人気のある金融商品です。上場しているため、株式投資のようにリアルタイムで売買ができます。

3.不動産投資

不動産投資も銀行員におすすめです。不動産投資とは、不動産を購入し賃貸として貸し出し、家賃収入を得る投資方法のことをいいます。銀行員であれば社会的信用力も高く、不動産を購入する資金も借りやすいでしょう。また、昨今の超低金利はお金を借りる人にとって非常に有利です。

4.債券

「できるだけ安全に資産運用したい」という人におすすめなのが、国債や社債といった債券です。基本的に債券は元本が保証されており、運用の手間もかかりません。ただし、債券のリターンは利子のみのため、手にできるリターンは小さくなります。

5.ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、資金を融資してほしい企業と融資して利子を得たい人をマッチングするサービスで、クラウドファンディングのひとつです。次の図を見てください。

ソーシャルレンディングのイメージ

いわゆる銀行の本業である融資を、個人が貸す側となって企業へ融資するイメージです。資金を借りた側は、資金を貸す側へ元本返済と利子に相当する分配金を支払います。利回りが年利4%ほどと比較的高いため、債券よりもリターンは大きくなるでしょう。

ただし、原則途中解約ができないこと、融資先の企業の業績悪化により貸倒のリスクがあることがデメリットです。融資先を選ぶときは、十分に注意する必要があります。

銀行員が制限されている資産運用3選

バツと手で示す男性の画像

先述の通り、銀行員は株式投資、FX、先物取引の3つの投資方法に関して制限されています。どこまでを禁止しているかは銀行によって異なり、株式投資を原則禁止している銀行もあれば、事前に申請すればOKな銀行と対応が分かれているようです。ここでは、制限を受けている3つの金融商品について説明します。

1.株式投資

株式投資は、企業が発行する株式を購入し、価格が上がったところで売却し売却益を得る投資方法です。また業績によって配当金が分配されます。銀行によっては、事前申請すれば株式投資できる場合もあるようです。

銀行員で株式投資に興味があれば、株式投資をメインに組み入れている投資信託を選ぶという方法もあります。

2.FX

FXは、日本語で為替取引といいます。FXの一番の特徴は、信用取引によって高額なお金を動かし大きなリターンを狙えることです。しかし同様に、大きな借金を背負う可能性も高く、そのリスクを理解して運用することが求められます。様々な見解がありますが、FXは、そのリスクの大きさから王道の資産運用とはいえないでしょう。

また先ほども述べましたが、FXはほとんどの銀行で原則禁止です。バレないだろうと気軽に考え、FXを行わないようにしましょう。

3.先物取引

先物取引は、あらかじめ定められた期日に、特定の商品の価格が上がっているか下がっているかを予想し、「予想した価格」と「実際の価格」との差額が利益となる投資方法です。先物取引もFXと同様にレバレッジ取引が可能なため、非常にハイリスク・ハイリターンな金融商品といえるでしょう。投機的投資のひとつにあたり、ほとんどの銀行で先物取引は禁止されています。

まとめ

若い女性の画像

銀行員はお金に関するプロですが、資産運用する場合は、利用できない投資方法があるため注意が必要です。とくにFXと先物取引は、ほとんどの銀行で原則禁止としているため、バレないだろうと気軽に考え手を出さないようにしましょう。ほかにも利用できる投資方法はあるため、ルールにしたがって資産運用することが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修】青柳仁子

◆一般社団法人 日本コンサルティングFP普及協会 代表理事 ◆一般社団法人 ウーマンリッチ実践協会 代表理事 ◆Hito.co株式会社 代表取締役 ◆投資スクールブルーストーンアカデミー 代表 ◆日本ビジネスインテリジェンス協会 理事 ◆日本経済大学大学院 臨時講師 ◆明治大学リバティアカデミー 講師 ◆大手コンサルティング会社で中小企業の財務改善を手掛け、最年少女性マネージャーとして史上初の最優秀賞を得る。その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 ◆個人の家計相談に乗り、3か月で100件の契約を取得し、社長賞を得る。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 ◆2010年に投資スクール『ブルーストーンアカデミー』を設立し、8年で受講生1600名を突破。グループ年商1億円の事業に育てる。相談件数累計20,000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。売り上げの一部をチャリティ団体に寄付
銀行の看板の画象

お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!