職業別!男性の年収ランキング&結婚相手の選び方

結婚相手に求める条件が年収の女性は多いです。「愛情があればお金は必要ない」と言う人もいますが、お金は人生の選択肢を広げてくれるとも言えますので、無いよりはあった方が良いですよね。

参考までに、どういった職業で働いている男性の年収が高いのか把握するためにも、職業別男性の平均年収ランキングや男性全体で見た平均年収をご紹介していきます。

結婚相手の選び方も解説していくので、年収の高い男性と結婚したいと願いを叶えたい女性はぜひ参考にしてください。

職業別で見る男性の平均年収ランキング

1位:医師

人々の健康を守る医師は年収が高いことは周知の通りです。平均年収は1,313万円となっており、月給は102万円、ボーナスは94万円が平均です。

民間病院での勤務医、大学病院の勤務医、個人病院など、医師によっても様々な働き方がありますが、どの医師でも高収入が見込めます。ただし、内科医や外科医、皮膚科医など、分野によって年収に差が出る可能性があります。

ミスが許されない外科医は高度なテクニックが必要になるため、他の分野と比較すると若干年収が高いです。より高い年収を求める場合はどの分野の医師であるか気にする必要があるかもしれません。

2位:航空機操縦士

航空機操縦士の平均年収は1,193万円です。月給は89万円、ボーナスは医師よりも高く120万円程となっています。中堅以下の航空会社よりも大手航空会社の方が年収は高く、教官や副操縦士、機長などの役職によっても年収が違い、最も高いのは機長職です。

若い頃は年収が低くても、副操縦士を経験し機長になることで大きく年収が跳ね上がります。航空機操縦士と出会うチャンスがあれば、若い男性でも、一緒に成長できるようなお付き合いができるよう考えてみると良いですね。

3位:弁護士

弁護士の平均年収は1,097万円で月給は67万円、ボーナスは296万円程となっています。職業別に見てもボーナスの高さはトップクラスです。

大手弁護士事務所や個人弁護士事務所によって年収には差額があります。東京と地方にある事務所でも年収に違いがあり、東京にある弁護士事務所の方が年収は高い傾向にあります。勤続年数が増えるほど平均年収も上がっていき、勤続15年目以降では1,000万円を超えているケースが多いでしょう。

4位:大学教授

大学教授の平均年収は1,070万円です。月給は66万円、ボーナスは283万円ほどとなります。短大や大学、大学院の研究機関や高等養育機関の研究者の中でもトップの職業で、学生の指導だけではなく、専門的な研究を行い論文発表する教授もいます。

中には本を出版することや講演会を開催するなどして教授とは違う収入を得る人もいるでしょう。年齢によって年収に差が出ますが、50代が最も年収が高く60歳以降になると低くなる傾向にあります。

5位:公認会計士・税理士

企業の監査や会計を専門分野にしている公認会計士の平均年収は1,042万円となっています。月給は68万円、ボーナスの平均は222万円です。

厚生労働省が出した都道府県別の平均年収では、東京都や神奈川、愛知や大阪などの主要都市は地方と比べると年収が高い傾向にあります。住んでいる地域によって違うので、より高い年収の公認会計士と出会いたい場合には、都心で働く公認会計士の方が良いかもしれませんね。

男性全体の平均年収は?

男性全体の平均年収は約500万円

男性全体の平均年収は約500万円です。リーマンショックが起こった後から年収が減少していましたが、アベノミクスの影響もあって徐々に回復しています。

ただし、年代によって平均年収に違いがあり、20代は就職して間がないため平均年収は低めです。30代になると400万円を超えてくる男性も多く、40代を超えると役職によってはサラリーマンでも600万円を超える年収の男性も増えてきます。

学歴によって平均年収・生涯賃金は異なる

学歴によっても平均年収や生涯賃金に差が出るのでご紹介していきましょう。

【学歴別平均年収】

  • 中卒
    年齢:50.3歳
    平均月給:303,000円
  • 高卒
    年齢:44.4歳
    平均月給:331,100円
  • 高専、短大卒
    年齢:40.8歳
    平均月給:343,700円
  • 大学、大学院卒
    年齢:42.2歳
    平均月給:429,600円

【学歴別生涯賃金】

  • 中卒:1億9400万円
  • 高卒:2億730万円
  • 高専、短大卒:2億1450万円
  • 大学、大学院卒:2億7000万円

同じ職業でも大卒や大学院卒の男性の方が年収や生涯賃金が高いことが分かります。

年収から見る結婚相手の選び方

女性が結婚相手に求める年収は?

女性が結婚相手に求めている年収は、約400万円であることが結婚相談所の調べで分かりました。高学歴・高収入・高身長の男性が理想だった時代もありますが、今は共働きする家庭が一般的となったため、相手の年収を気にする女性が少なくなったことが予想されます。

結婚相手だけではなく、自分自身も一緒に働いて生活費を稼いでいくことで将来子どもができたとしても苦しい生活を避けることができると考えられているのでしょう。

「専業主婦になりたい」はNG

年収の高い結婚相手を求める女性の中には、「専業主婦になりたい」と考える女性もいます。年収が高いのであれば、結婚生活も豊かに暮らせることが予想でき、仕事に出なくても問題ないでしょう。

しかし、専業主婦になりたいと考える女性を男性は好まない傾向にあります。中には、家を守ってほしいという考えから専業主婦を求めている男性もいますが、お互いが自立した生活ができ、万が一自分が病気やケガをして働くことができなくなった場合でも生活に不安のないよう、備えをしていくことが大切です。

結婚すると、引越しや妊娠、出産費用に加えて学費も準備する必要があります。マイホームを建てる場合にはさらなる費用が掛かるので、自分だけの収入では難しいと男性は考えるのです。共働きをすることで、将来への不安を払拭することができます。

結婚相手に求めるもので大切なのは価値観が合うかどうか

結婚相手は「価値観が合う」ことも大切です。年収も重要ですが、価値観が違うと生活に様々な不安があるでしょう。結婚をすると一緒に暮らすことになるので、付き合っている時よりも一緒に過ごす時間が長くなります。

2人で過ごす時間が幸せなものとなりますが、価値観が違う男女が一緒に生活してしまうと、不満も多くなり夫婦喧嘩が増えてしまいます。円満な家庭を築くことが難しくなる可能性もあるので、年収だけではなく価値観の合う男性を探すことも大切です。

結婚相手を選ぶ時は加点方式で見極める!

結婚相手を選ぶ際は「加点方式」で見極めていきましょう。結婚相手を見つける時に、年収や職業、顔や仕草など、気になる部分を見つけては減点をして選んでいく女性は多いです。

減点方式では相手の悪い部分だけが目立ってしまうため、理想の相手を探すには苦労するでしょう。理想の相手を見つけられない可能性もあるので、加点方式で結婚相手を探す方法に変更してみてください。

一緒に過ごすことで、男性の性格や行動の細かな部分にも着目でき、新たな発見ができ、良い部分をたくさん見つけることができます。様々な長所を発見することで魅力のある男性と巡り会えるでしょう。

まとめ

年収の高い男性は魅力的です。医師や大学教授など、年収の高い男性と出会えれば結婚生活にも余裕が持てるでしょう。女性としてはできるだけ年収の高い男性と結婚し、将来豊かな生活を送りたいと考える人も多いはずです。

しかし、結婚相手を見極めるためには年収以外にも大切なポイントがあります。上記の結婚相手の選び方を参考に、年収だけではない理想通りの結婚相手を見つけられるよう、自分自身も理想に近づけるという視点も忘れないでくださいね。


お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!