ETFは資産運用向きの金融商品!運用の5つのメリットを詳しく紹介

ETFのイメージ

ETFは資産運用に向いている金融商品のひとつです。初めて運用をする方にも扱いやすいため、投資経験がない方も検討できるでしょう。ETFとはどんな金融商品なのか、また、資産運用に活用することにはどのようなメリットがあるのかについて解説します。

ETFとは証券取引所に上場している投資信託のこと

上場しているイメージ

ETFとは「上場投資信託」のことです。通常、投資信託は株式市場には上場していません。しかし、ETFは株式市場に上場して株価指数などの特定の指標に連動することを目指すため、指標の動きに合わせた投資を行うことが可能です。

例えば東証株価指数(TOPIX)に連動したETFを購入すれば、TOPIX全体に投資するのと近い効果が得られます。また、その他の指標に連動しているならば、その指標と関わる銘柄全体に投資することと類似する効果が得られるでしょう。

現物拠出によるETF

ETFのほとんどは、投資家から集めた資金で実際に市場の株式を購入して運用するファンドです。これを「現物拠出によるETF」と呼び、現物とは株式を指しています。

このとき、ETFの運用会社が購入した株式の集合体をひとつのバスケットに入っているものに見立てて「現物株バスケット」と呼び、価値を同じくするETFとの交換が可能です。

現物拠出によらないETF

市場の株式を購入しないで運用する投資信託ファンドもあります。株式ではなく特定の指標などに価格が連動する債券「リンク債」を購入するため、厳密にはETFと指標の価格が連動するのではなく、ETFとリンク債の価格が連動しているといえるでしょう。

このようなETFは、株式購入が難しい場面で利用されることが一般的です。

ETFが資産運用に向く5つの理由

チェックリストのイメージ

ETFは、分散投資ができることや信託報酬が低いこと、長期保有しやすい上にいつでも売買できること、また価格を把握しやすいことから資産運用に向いている商品であるといえます。

個人向け国債や定期預金などさまざまな金融商品があるなかで、ETFは投資初心者向けの金融商品として紹介されることも少なくありません。なぜETFは資産運用向きといえるのか、また、どのような特徴から投資経験の少ない初心者にも向いているといえるのかについて見ていきましょう。

1.分散投資ができる

投資の基本は「分散投資」ですが、ETFはそれ単体で分散投資ができる金融商品です。例えば特定の株式に資産全額を投資するとしましょう。株価が上昇すれば良いですが、下落の一途をたどるときは大損を被りかねません。

しかし、複数の株式を保有しているならどうでしょうか。それぞれの株価が連動した動きを見せないとするならば、あるひとつの株式が大暴落しても、他の株式の株価上昇によって損失をある程度は埋められることもあるでしょう。

ETF自体が複数の株式の組み合わせのため、一種類のETFを購入するだけでも分散投資ができます。それぞれの株価が連動しないように複数の株式を購入することは、投資経験が浅い初心者には難しいことです。しかし、ETFならばすでに複数の株式が組み合わされているため、手軽に分散投資ができます。

分散投資のイメージ

2.信託報酬が低め

ETFは投資信託の中でも信託報酬が低めの金融商品です。投資信託ファンドはいずれもファンド運用者が運用・管理をするため、運用手数料である信託報酬を支払わなくてはいけません。しかし、ETFならば信託報酬が低めに設定されているため、維持費を抑えられるのです。

なお、信託報酬が高額なファンドでは、基準価額(投資信託の価格)が購入時より上がった時点で売却しても、信託報酬が利益を上回って損失が生じる可能性があります。できるだけ信託報酬が低いファンドを選び、損失が生じるリスクを低減しておきましょう。

3.長期保有しやすい

信託報酬は1日ごとに発生する手数料です。そのため、長期保有すればするほど信託報酬の合計額は高くなり、基準価額が上昇しても利益が生じにくくなることがあります。ETFは信託報酬が低めの金融商品であるため、長期保有しても信託報酬の合計額が高くなりにくいです。金融商品を長期的に保有・運用していこうと考えている場合も、ETFが適しているといえるでしょう。

ところで、長期保有にかかる維持費が少ないということは、利益を得る可能性が高いということです。例えば短期間だけ投資を行う場合、予定の期間内に価格が上昇せず、利益を得られないこともあるでしょう。反対に投資期間を長く想定しておくなら、期間内に価格が上昇する見込みも増え、利益を得られる可能性が高くなります。

4.いつでも売買できる

ETFは市場が開いている時間帯ならば、いつでも売買できる金融商品です。売却した価格が口座に現金として入金されるまでには数日かかることがありますが、まとまった資金が必要になったときなどにも対応しやすいでしょう。

一方、通常の投資信託は、表記されている基準価額で購入・売却することができません。翌営業日以降の価格で購入・売却することになるため、思ったよりも高額で購入することや、予想以下の価格で売却することにもなります。

5.価格を把握しやすい

ETFは特定の指数と連動するため、ETFの価格を調べなくても、連動する指数を見れば、おおよその価格がわかります。例えばTOPIX連動型のETFならば、TOPIXの数値から価格を予想することができるでしょう。TOPIXの数値は一日に何度もニュースで紹介されているだけでなく、インターネットでも簡単に調べられるので、気になったときにいつでもETFの価格を予想できます。

ETFで資産運用する際に注意したい3つのポイント

注意点のイメージ

ETFで資産運用する際には、つみたてNISAに対応している商品数が少ないことや上場廃止の可能性があること、繰越償還される可能性もあることに注意する必要があります。

手軽に分散投資ができるETFは、低い信託報酬により長期保有しやすく、売買のタイミングや価格を把握しやすいという点から、これから投資を始める人にも検討してほしい投資商品です。

しかし、初心者向きではあってもリスクや注意点が全くないというわけではありません。ETFを用いて資産運用する際に注意したいポイントを3つ紹介します。

1.つみたてNISAに対応している商品が少ない

つみたてNISAの制度を利用して資産運用したいと考えている方には、ETFはあまり適しているとはいえません。2020年9月15日時点でつみたてNISAに対応しているETFは7銘柄しかなく、選択肢が少ないのがその理由です。

つみたてNISAで投資信託を運用すると、分配金や譲渡益が非課税になるため、受け取る利益を増やすことができます。ETF以外の金融商品をつみたてNISAで運用し、ETFは別途運用することも検討してみましょう。

つみたてNISAのイメージ

2.上場廃止になる可能性がある

ETFは株式市場に上場しているので、健全経営ができていないと判断されると上場廃止となる可能性があることは頭に入れておきましょう。上場廃止になると以後の取引ができなくなります。購入時の価格よりも下がった時点で上場廃止になる場合は、損失が確定することになるでしょう。

なお、健全経営ができていないとは、ETFの純資産総額が減っているなどの理由により指数に連動できていないことを指します。ETFは特定の指数に連動することを運用目的と設定しているので、目的が達成できていないETFは健全とはいえません。

例えば、純資産総額が多いETFを選ぶならば、指数に連動するような運用を継続していくことが可能になるため、上場廃止になるリスクを減らすことができます。いくつかのETFを比較し、他の条件が変わらないときは純資産総額にも注目してください。

3.繰越償還される可能性がある

ETFは繰上償還される可能性のあるファンドです。多くのファンドは信託期間、つまり運用期間が決まっていますが、何らかの理由で信託期間終了前に運用が終わってしまうことがあり、これを繰上償還と呼びます。繰上償還された時点で価格が下がっているときも、大きな損失を受けることがあるでしょう。

売買が活発に行われず、純資産総額が停滞・減少傾向にあるETFは繰上償還される可能性があると見ることができます。繰上償還のリスクを減らすためにも、純資産総額が多く、取引が活発に行われているETFを選びましょう。

ETFで賢く資産運用をするコツ

コツを理解するイメージ

ETFで賢く資産運用をするなら、売買手数料が低い証券会社で、分配金が高めのETFを選ぶことが大切です。NISAやつみたてNISAを積極的に利用することも検討しましょう。そもそも、ETFは信託報酬が低めで長期間保有しやすく、また、すぐに売買ができるので現金化したいときにも対応しやすいという特徴から、資産運用向きの金融商品です。

さらにコストを抑えて賢く資産運用するためにも、押さえておきたいコツを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

売買手数料が低い証券会社を選ぶ

売買手数料が低い証券会社を選ぶことは、賢く資産運用するための重要なポイントです。資産運用は長期にわたって行うため、コストが少し増えるだけでも、長い目で見ればかなりの支出になります。例えば、ネット証券なら売買手数料が無料に設定されていることがあるので、何度も取引を繰り返しても手数料がかさみにくくなるでしょう。

分配金が高めのETFを選ぶ

分配金が高めのETFを選ぶことも、長期運用をしやすくするコツです。分配金とは運用して得られた利益の一部を投資家に還元するお金のことで、必ず支払われるとは限りませんが、通常は決算期ごとに支払われます。一定期間ごとにETFを長期保有するなら、分配金が高くコンスタントに利益が入るものを選ぶようにしましょう。

NISAやつみたてNISAを利用する

NISAや、つみたてNISAは非課税制度であるため分配金や譲渡益が課税対象とならず、利益が目減りしないというメリットがあります。ETFの利益に対しては20.315%の税金が発生するため、NISAやつみたてNISAを利用することで利益を約1.25倍にすることができるでしょう。

なお、NISAとつみたてNISAは併用できない制度です。どちらか利用しやすいほうを選んで専用口座を開設してください。また、前述の通り、つみたてNISAに対応しているETFは少ないです。選択の際は、この点も考慮するようにしましょう。

NISAのイメージ

まとめ

笑顔で運用するイメージ

ETFは運用手数料が低く、長期運用に適した金融商品です。ひとつのファンドの中に複数の株式等が入っているため手軽に分散投資を実現でき、投資初心者にも向いているといえるでしょう。しかし注意点もいくつかあります。純資産総額が大きく取引が活発に行われている銘柄に注目し、リスクを抑えて運用していくようにしましょう。