確定拠出年金には退職金にないメリットあり!運用方法についても解説

電卓と書類のイメージ

近年、これまでの退職金制度に代えて確定拠出年金を導入する企業が増えています。確定拠出年金とは私的年金の一種で、加入者が自分で掛金を運用する制度です。今回は、確定拠出年金の種類やメリット、退職金との違いについて詳しく紹介します。

確定拠出年金とは?

書類と鉛筆のイメージ

確定拠出年金とは、老後の資金を積み立てる私的年金制度です。公的年金の給付と合わせ、生活の安定に寄与することを目的としています。加入者が自分で掛金を運用し、原則として60歳以降に一括または分割でお金を受け取る仕組みです。公的年金は掛金によって将来支給される金額が決まっていますが、確定拠出年金の場合、将来支給される年金額は運用によって変わるのが大きな特徴といえるでしょう。

個人型と企業型の2種類がある

確定拠出年金には個人型と企業型があり、次のような違いがあります。

個人型と企業型の違いのイメージ

個人型は「iDeCo(イデコ)」と呼ばれ、自分の意思で加入して金融機関と運用商品を選び、掛金を支払います。一方、企業型は会社が設ける制度です。掛金は会社が支払い、金融機関や運用商品も会社が選びます。それぞれについて、詳しく見てみましょう。

個人型「iDeCo(イデコ)」

iDeCoは自分で掛金を出して運用方法を決め、成果を受け取ります。公的年金だけでは老後が不安という方などが利用し、老後の資金を増やすことができる制度です。

掛金は毎月5,000円から始められ、上限額は自営業や会社員など、職業によって変わります。運用方法には定期預金や年金保険、投資信託などさまざまな商品が用意されている点は、個人型も企業型も共通です。

iDeCoを利用する場合は、銀行などの金融機関を通じてiDeCo専用の口座を開き、運用していきます。

企業型確定拠出年金

企業型確定拠出年金は、企業が導入する制度です。制度を導入している企業に勤めていることが加入の条件であり、掛金は会社が支払います。運用商品のラインナップも会社が用意するという点が、個人型との違いです。退職金制度の代わりとして導入する会社も増えており、必ず加入する場合と、加入を選択できる場合があります。

受け取り方は3種類

個人型、企業型のどちらも受け取るのは60歳以降です。受け取り方は年金として受け取るほか、一時金として一括で受け取る、年金と一時金を組み合わせるなど、3種類の方法があります。

年金として受け取る場合は税法上「雑所得」となり、一時金は「退職所得」の扱いです。それぞれ税金の計算方法が異なるため、受け取る際には税金の負担も考慮する必要があるでしょう。

企業型確定拠出年金のメリット3つ

貯金箱のイメージ

企業型確定拠出年金は、会社が制度を導入していなければ加入できません。導入していた場合でも、自動的に加入になる場合と、選択できる場合があります。そ確定拠出年金がどのようなものか分からなければ、選ぶべきか迷うこともあるでしょう。

ここでは、企業型確定拠出年金には具体的にどのようなメリットがあるのか紹介します。

1.運用成績によって受け取る額が変わる

確定拠出年金はただ掛金を積み立てるだけでなく、運用できるのが大きな特徴です。会社が用意した運用商品の中から自分に合うものを選び、さまざまな運用を行います。

商品は一つ選ぶ、複数選ぶなど自由に決めることができ、上手に運用すれば老後の資金を増やすことも可能です。運用によって老後に受け取る額を変えることができるのが公的年金との大きな違いですが、運用次第で本来の積立額よりも減る可能性もあることに留意しなければなりません。

2.3つの税制優遇が受けられる

確定拠出年金は3つの税制優遇があることもメリットです。通常、金融商品の運用で得た利益は約20%の税金がかかりますが、確定拠出年金の運用利益には税金がかかりません。全額が非課税です。

また、年金の受け取りでは所得控除があります。前述したように、一時金か年金かの受け取り方によって控除額は異なりますが、控除の対象になるということに違いはありません。掛金は基本的に会社が負担しますが、上乗せで社員が拠出できる場合もあり、その分は全額所得控除の対象になります。

3つの税制優遇措置のイメージ

3.掛金の上乗せができる

掛金に社員が上乗せできる「マッチング拠出」という制度もメリットのひとつです。マッチング拠出の制度を採用しているかは会社によって異なりますが、利用できる場合、掛金を増やして大きく運用することができます。

ただし、マッチング拠出には次のような要件があります。

  • 社員が拠出する金額は、会社が拠出する金額を超えないこと
  • 会社が拠出する掛金と社員が拠出する掛金の合計額が、掛金の拠出限度額を超えないこと

掛金の拠出限度額とは、会社が行う掛金の上限です。他の企業年金がある場合とない場合で異なり、次のように定められています。

  • 他の企業年金がない:月額5万5,000円
  • 他の企業年金がある:月額2万7,500円

会社の掛金との合計額がこの上限までなら、社員も拠出することが可能です。勤務先で利用できるかどうかは、担当部署に確認してみましょう。企業型確定拠出年金と退職金との違い
確定拠出年金を導入する会社は増えており、退職金制度と併用するところもあれば、制度そのものを見直して、確定拠出年金に移行している例も多くなっています。

掛金や積立金の運用、老後に受給できる額、転職した場合にはどう取り扱われるかなど、確定拠出年金と退職金との違いについて、さまざまな観点から見ていきましょう。

掛金や積立金の運用

退職金は会社が退職後に支払う資金を積み立てるため、掛金の拠出という点では会社が支払う確定拠出年金との違いはありません。

しかし、積立金の運用では異なります。退職金の場合は会社が運用しますが、確定拠出年金では社員が運用するという違いです。資金に対する主導権が会社にあるか、社員の側にあるかの違いといえるでしょう。

将来受給できる額

将来受給できる額は、退職金の場合社内規定であらかじめ決定されています。これに対し、確定拠出年金の受給額は拠出した積立金と運用利益の合計です。

退職金の方が安定していますが、自由に運用できる確定拠出年金は、資金を拠出以上に増やせる可能性があります。運用に自信があり、少しでも老後の資金を増やしたいと考えている場合は大きなメリットといえるでしょう。

転職した場合の取り扱い

退職金は勤続年数ををもとに決めるため、転職で勤務年数が少なくなる場合は金額も減る可能性が高いでしょう。

確定拠出年金の場合は、転職先に確定拠出年金の制度があるかないかで異なります。制度がある場合は移管手続きを行い、制度がない場合は個人型の「iDeCo」に口座を開設して資産を移換しなければなりません。そのまま放置した場合、国民年金基金連合会に自動的に移換されてしまいます。

会社が倒産した場合

会社が倒産した場合、退職金の場合は積立の方法で扱いが変わります。社内積立であれば債権回収の対象になり、保全できない可能性があるでしょう。一方、退職金共済などの社外積立にしている場合は、支払いを受けることができます。

これに対し、確定拠出年金の場合、年金資産は信託銀行等が管理しており会社の財産とは明確に区別されているため、倒産の影響は受けません。

無料メールセミナーへの誘導用バナー画像

確定拠出年金で用意されている運用商品

株をチェックしている人のイメージ

確定拠出年金は個人型と企業型にかかわらず、「元本確保型」と「元本変動型」の商品が用意されています。元本確保型は定期預金や保険商品で、元本変動型は投資信託です。

元本確保型はその名の通り元本は確保されますが、利率が一定に設定され、大きな利益にはつながりません。元本変動型は運用次第で大きな利益が期待できますが、値下がりで元本が割れるリスクがあります。それぞれの内容を見ていきましょう。

元本確保型:定期預金・保険

元本確保型は定期預金が代表的で、生命保険、損害保険などの保険商品もあります。それぞれ、資金を銀行や保険会社に託して運用するタイプです。

定期預金は購入時に利率が設定され、満期まで適用されます。適用利率は市場金利の動向によって決まり、満期後は新しい利率で自動更新される仕組みです。保険は一定期間の利率が保証され、満期まで利息が保証される点で定期預金と変わりません。満期で元本に付与され、利率が見直されて自動更新します。

どちらも原則として解約しても元金は保証されますが、保険の場合、解約時の市場金利によっては元本割れの可能性もあるでしょう。

資産を減らしたくない場合は元本確保型が向いていますが、確定拠出年金の特徴である運用を活かした大きな利益は期待できません、確定拠出年金の運用利益は非課税という優遇措置もあるため、それを活用して老後資金の形成を積極的に図るのもおすすめです。

元本変動型:投資信託

元本変動型は投資信託で、投資家から集めた資金をまとめ、専門家が株式や債券などに投資して分散投資する商品です。

投資信託のイメージ

運用の成果が投資家それぞれの投資額に応じ、分配されます。投資の対象となるのは国内外の株式や債券、不動産投資信託などさまざまです。何に投資するかは投資信託ごとの運用方針で決まります。投資の運用成績は市場環境などによって変わり、利益を生むこともあれば損をすることもあり、元本は保証されません。

投資信託を行う場合のポイント

運用商品はラインナップの中から自由に選べるため、リスクを避けるため異なる対象資産に分散して選ぶことも可能です。「国内株式」を対象とする投資信託や、「外国債券」を対象とするところを少しずつ選ぶという方法もよいでしょう。

株式や債券を効果的に組み合わせてバランスよく運用を行う「バランス型」の投資信託もあり、そこを選べば複数の種類の資産に分散投資したのと同じ効果が得られます。

運用割合を決めるのも自由です。投資信託に定期預金や保険商品を組み合わせることもできます。組み合わせは後から見直すこともできるため、いろいろと試してみるのもよいでしょう。

まとめ

ノートとスマホのイメージ

退職金制度から企業型確定拠出年金に移行する会社は増えています。確定拠出年金は運用により、老後資金を増やせる可能性があるのがメリットです。税の優遇措置もあり、運用次第で大きく増やすことも夢ではありません。導入している会社に勤めている方は、ぜひ記事も参考に、確定拠出年金を活用して安心の老後を目指しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修】青柳仁子

◆一般社団法人 日本コンサルティングFP普及協会 代表理事 ◆一般社団法人 ウーマンリッチ実践協会 代表理事 ◆Hito.co株式会社 代表取締役 ◆投資スクールブルーストーンアカデミー 代表 ◆日本ビジネスインテリジェンス協会 理事 ◆日本経済大学大学院 臨時講師 ◆明治大学リバティアカデミー 講師 ◆大手コンサルティング会社で中小企業の財務改善を手掛け、最年少女性マネージャーとして史上初の最優秀賞を得る。その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 ◆個人の家計相談に乗り、3か月で100件の契約を取得し、社長賞を得る。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 ◆2010年に投資スクール『ブルーストーンアカデミー』を設立し、8年で受講生1600名を突破。グループ年商1億円の事業に育てる。相談件数累計20,000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。売り上げの一部をチャリティ団体に寄付
電卓と書類のイメージ

お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!