【女性向け】ふるさと納税のメリットとは?分かりやすく徹底解説

「ふるさと納税って食品以外にも、『化粧品』が返礼品としてもらえるのは知っていましたか?」

・完全無添加スキンケア(基礎化粧品4本セット)

・プラセンタ ヘルスケア&スキンケアセット

・フェイシャルエステ&まつ毛カール体験券

女性に嬉しい美容・健康商品が1,000件以上選べてしまいます(参考:ふるさとチョイス)。他にもたくさんのメリットが、ふるさと納税にはあります。

ふるさと納税サイトはこちら

ふるさとプレミアム CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

この記事を読むことで、複雑そうな「ふるさと納税のメリット」が女性でも簡単に理解できます。

メリット1:自治体から特産品をもらえる

「食用品や化粧品。貰えるものは、貰っておきたいとおもいませんか?」

ところでみなさんは、ふるさと納税についてご存知でしょうか。簡単に説明すると、ふるさと納税とは「地方自治体へ寄附を申し込むことで、”返礼品”と”寄付金に応じた税金の控除”が受けられる」日本における寄附金税制の一つです。

(詳しくはこちらから➝【女性向け】ふるさと納税とは?特徴などを徹底解説)

【女性向け】ふるさと納税とは?特徴などを徹底解説

ふるさと納税では、地域の特産品(厳密には、地場産品といわれます)がもらえます。

・どんな特産品がもらえるか

・オススメの特産物

・還元率について

ここからは、メリット1である「ふるさと納税の特産品」について上記のように、深掘りしてみていきましょう。

どんな特産物がもらえるのか

特産品で人気なのは、やはり食品類です。特に、「魚介類」や「肉・肉加工品」、「米・パン」が人気なようで、”いくらあっても困らない”、”無駄にならない”食材は根強い人気がありそうですね。特産品には他にも、

・お酒

・雑貨、日用品

・旅行

・イベント等のチケット

・工芸品、装飾品

・ファッション

などがあり、200,000以上の返礼品から選ぶことができます。

オススメの特産品は?

オススメの特産品について、口コミをみてみましょう。

‘やっぱり違う!魚沼のコシヒカリ

せっかくふるさと納税するので、普段食べているコシヒカリの美味しい自治体にと思っていました。そのほうが違いがわかりやすいですからね。魚沼市に10,000円寄付して返礼品が5kgのコシヒカリでした。普通に魚沼産コシヒカリを買うと5kgで3,000円弱くらいな値段。寄付のオマケと思えば決して悪くないかも。精米と無洗米の2種類から選択でき、洗わない分、旨味が流れにくい無洗米をチョイス。中を開けるとツヤツヤ透明感がある米。白い米は全く無い。早速炊いてみたところ、凄く香りが良く、ツヤツヤモッチリして、一粒一粒しっかりした炊きあがり。「おかずがいらない」とはこの事ですね。やっぱりセールで10kg2,980円の米とは全然違いました。今度は新米の時期にふるさと納税してみようと思います。’ 引用元:みん評(https://minhyo.jp/)

まずはやっぱり「お米」ではないでしょうか?日本の主食であり、保存可能期間も長いことでオススメです。

‘名古屋コーチンを満喫できるスイーツがもらえる!

愛知県小牧市で10,000円以上寄付をすると名古屋コーチンのたまごで作ったプリンとチーズケーキがお礼の品としてもらえます。

高級タマゴを使っているだけにとても濃厚で美味しいプリンとチーズケーキでした。

ふるさと納税のポータブルサイトのふるさとチョイスから申し込むことができたので、

とてもお手軽で良かったです。

自分の寄付金の使い道を、こどものための積立やお年寄りのための積立など選べるので、近隣の市民としては大満足です。’ 引用元:みん評(https://minhyo.jp/)

少し高級なスイーツ。普段なら高くて手がでませんが「地域の特産品をお得ゲットできるならば」と、返礼品としてスイーツを選ぶのもオススメです。

お得な特産品は、還元率に注目

総務省より2019年6月から、ふるさと納税の新制度が発表されました。

・返礼品の調達にかかった金額は、「寄付額に対して30%(3割)以下」とする

・返礼品を地場産品とする

・上記2つのルールを守っている自治体のみが対象(総務省が調査&対象に指定)

この、寄付額に対して30%以下という点に注目してください。たとえば、寄附額が1万円だとすると、返礼品は3000円以下の特産物でなければならないということです。この30%という数字が、「還元率」です。つまり、お得に返礼品をいただきたい方は還元率に注目して、返礼品がギリギリ30%のラインの特産品を選べばいいということです。

メリット2:地方活性化に参加できる

「地震、洪水等の自然災害。自分になにかできないかな?」

こんなときは、ふるさと納税を利用して災害支援・寄附が行えます。その他にも、ふるさと納税は、地方活性化に大きく役立っています。

(出典:総務省ホームページ http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/archive/)

上記の表はふるさと納税の使用用途を、明確化したものです。地方に、ふるさと納税されることで

・事業・設備拡大

・雇用創出

・地域のPR効果

等の地方自治体にもメリットがあります。地方活性化・地域経済活性化に参加できるという点が、メリットの2つ目です。

寄附する場所・金額は自由

ふるさと納税で寄附する場所は自由です。

「ふるさと」ということで、誤解を生んでしまいがちですが、必ずしも自分の生まれ育った町や、縁やゆかりのある場所に寄附する必要はありません。また、返礼品を受け取る・受け取らないも自由に設定できます。さらに、寄附金額も一定額以上から自由に設定できます。

クレジットカード決済も可能でポイントがたまる

ふるさと納税の寄附の方法は、自治体によって変わるのですが、基本的にクレジットカード決済が可能となっています。ということは、クレジットカード決済をすると返礼品に加え、カードポイントも貯まりWでお得になります。自治体によって、クレジットカード決済ができない場合もあるので注意しましょう。

メリット3:税金が控除される

ふるさと納税の最大にして最強のメリットです。3つ目のメリットは、住民税・所得税が控除されることです。これがなければ、ふるさと納税はここまで利用者が増えなかったでしょう。

(出典:総務省ホームページ http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/archive/)

住民税・所得税が安くなる

「ふるさと納税は税金が減る!」

ふるさと納税では、寄附した金額から2,000円を引いた額が住民税・所得税から控除されます。つまり、払う金額は『通常の納税金額』より、2,000円多いことになります。ということで、”節税”には全くならないので注意が必要です。2,000円を払うことで、2,000円以上の価値がある返礼品を受け取ることができれば、メリットになります。

たとえば、10,000円を寄附すると、住民税・所得税が8,000円控除されます。しかし、10,000円の寄附よって得られる返礼品は、約3,000円以下の特産品です(返礼品は寄附額に対して30%以下)。仮に、返礼品が3,000円相当のものだと、1,000 円のプラスにしかなりません。

しかし、50,000円の寄附になるとどうでしょうか。まず住民税・所得税が48,000円控除されます。そして、得られる返礼品は15,000円以下の特産品です。2,000円の出費に対して、15,000円相当の返礼品と考えると、大きなメリットです。

【注意】寄附金額には、上限がある

先ほど、50,000円の例を挙げましたが、そもそも支払う税金が50,000円を超えてない人には、全くメリットがありません。つまり、ふるさと納税は「支払う必要のある税金が少ない人にとっては、メリットも少ない」ということがいえます。20,000円の住民税・所得税の納税義務がある人にとって、50,000円のような寄附は大損でしかないので注意が必要です。

そんなことがないように、ふるさと納税ではあらかじめ

・年収

・家族構成

による”寄付金額の上限”が決められています。たとえば、年収300万円独身の方は、上限が28,000円と決められています。(詳しくはこちらから➝http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html)

ふるさと納税の寄付によって、税金の控除を受けたい方は、寄附する前に必ず上限のチェックを忘れないようにしましょう。

【女性向け】ふるさと納税のメリットまとめ

ふるさと納税のメリットはお分かり頂けましたか。

・好きな返礼品(地域の特産品)を選べる

・地域の活性化に貢献できる

・税金が控除される(必ず寄附金の上限を事前にチェック)

最後に、メリットを簡単にまとめさせていただきました。返礼品はたくさんの種類があり、眺めているだけでも楽しいはずです。気になった方は、ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。

ふるさと納税サイトはこちら

ふるさとプレミアム CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!


ABOUTこの記事をかいた人

青柳仁子

◆一般社団法人 日本コンサルティングFP普及協会 代表理事 ◆一般社団法人 ウーマンリッチ実践協会 代表理事 ◆Hito.co株式会社 代表取締役 ◆投資スクールブルーストーンアカデミー 代表 ◆日本ビジネスインテリジェンス協会 理事 ◆日本経済大学大学院 臨時講師 ◆明治大学リバティアカデミー 講師 ◆大手コンサルティング会社で中小企業の財務改善を手掛け、最年少女性マネージャーとして史上初の最優秀賞を得る。その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 ◆個人の家計相談に乗り、3か月で100件の契約を取得し、社長賞を得る。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 ◆2010年に投資スクール『ブルーストーンアカデミー』を設立し、8年で受講生1600名を突破。グループ年商1億円の事業に育てる。相談件数累計8000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。売り上げの一部をチャリティ団体に寄付