NISA枠とは?仕組みや無駄なく使い切る方法も徹底解説

アイキャッチ

NISAにおいて重要な概念の一つに「枠」があります。NISAは非課税で投資ができる制度ですが、枠を意識して投資をしないと利益が課税対象になることもあるので注意が必要です。

NISA枠とは何か、仕組みや枠を無駄なく利用する方法について解説するので、ぜひ参考にしてください。

NISA種類別の投資枠

10-4

NISA制度を利用するには、「NISA口座」の開設が欠かせません。通常の口座には上限金額が定められていませんが、NISA口座では非課税投資できる上限額があり、これを「NISA枠」と呼んでいます。

NISAには、「NISA」と「ジュニアNISA」、「つみたてNISA」の3つの種類があり、それぞれの枠となる上限金額は次の図の通りです。

10-1

NISAの投資枠は120万円×5年

NISA口座を開設すると、1年に120万円までの投資を5年間行うことが可能です。そのため、投資枠は最大で120万円×5年=600万円となります。

なお、「NISA枠の有効期限」の章で詳しく解説しますが、最初の年に投資した最大120万円の分に関しては、5年後には売却して利益を確定させるか、翌年のNISA枠に移行する(ロールオーバー)か、NISA以外の口座に移行するかいずれかの選択をしなくてはなりません。

そのため、NISA口座を使った投資を5年以上続けても、常に投資元本は600万円を超えないように調整されます。

ジュニアNISAの投資枠は80万円×5年

0歳~19歳の方は「ジュニアNISA」の利用が可能です。口座を開設すると、1年に80万円までの投資を最大5年間繰り返せるので、投資枠は最大で80万円×5年=400万円となります。

なお、最初の年に投資した分は5年間のみジュニアNISA口座で投資可能です。そのため、5年後にはNISA口座と同様に運用商品の移行もしくは売却を決定します。

また、ジュニアNISAでは口座開設者が18歳になるまでは「払い出し制限」がある点にも注意しましょう。災害などのやむを得ない場合を除き、18歳未満で払い出すと課税対象になることがあります。

つみたてNISAの投資枠は40万円×20年


「つみたてNISA」は積立投資信託専用口座です。NISA口座と同じく、20歳以上の方が1口座のみ開設できます。

なお、利用できるNISA制度は1つのみなので、必ずどちらか一方を選んで投資しましょう。つみたてNISAは年間40万円で最大20年間投資ができるため、投資枠は40万円×20=800万円です。

ただしロールオーバー制度はないため、20年後には必ず売却して利益を確定するか他の口座に移行しなくてはいけません。

新NISAの投資枠は最大122万円


10-2

2024年からはNISAの仕組みが変わり、2階建て構造になります。1階部分は最大20万円のつみたて専用の枠で、1階部分を利用した方のみ最大102万円の投資枠(株式や投資信託、積立投信など)を利用することが可能です。

ただし、1階部分を利用しない旨をNISA口座を開設している証券会社等に届け出れば、2階部分だけで投資を行うことができます。その場合は株式投資のみです。1階部分と2階部分を使うと年間最大122万円の投資ができ、枠は最大122万円×5=610万円となります。

NISA枠の仕組み

 

10-5

NISAの投資枠は、通常のNISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの種類によって上限額が異なります。

しかし、枠自体の仕組みや考え方は種類に関わらず同様です。NISA枠の2つのルールについて見ていきましょう。

NISA枠は一度使うとリセット・復活不可


NISA枠は一度使うとリセットすることができません。

例えば通常のNISAの投資枠は1年に120万円ですが、株式Aを1月に100万円分購入し、予想以上に値上がりをしたので同年の6月に売却したとしましょう。NISA枠は一度使うとリセットしたり復活したりすることはないため、年内にNISA口座で投資できる上限額は20万円となります。

未使用分があっても翌年への繰り越し不可


その年のNISA枠を全額使わない場合でも、翌年のNISA枠が増えるわけではありません。

例えば通常のNISAで80万円分の投資をしたとしましょう。その年のNISA枠は40万円残っていますので、年内ならばあと40万円分の投資が可能です。翌年になると新たに120万円のNISA枠が付与されますが、今年使わなかった40万円分のNISA枠は消滅しますので、NISA口座で新たに投資できる上限額は120万円となります。

NISA枠を使い切る方法

10-6

翌年に持ち越せないNISA枠。できることなら上限まで使い切りたいと考える方も多いのではないでしょうか。NISA枠を使い切る方法を4つ紹介しますので、ぜひ検討してみてください。

なお、NISA枠を使い切ることは、必ずしも良いこととは限りません。使い切ることが目的となってしまうと、しっかりと吟味をせずに投資信託ファンドや株式を買うことにもつながります。必ず購入前に「この株や投資信託を買うべきか」を熟慮し、納得したものだけを購入・運用してください。

10-3

1.枠上限に近い商品に投資する


枠上限に近い商品に投資することで、NISA枠を使い切ることができます。

例えば通常のNISA口座で、1株=6,000円の株式Bを運用するとしましょう。B以外に運用したい商品がないならば、Bを200株購入することで投資枠上限まで活用することが可能です。

なお、株価は常に変動しているので、枠上限まで使いたいときは指値(株価を指定した買い方)で買うと、無駄なく購入しやすくなります。例えば株価が3,900円~4,100円の幅で動いている株を購入する予定なら、4,000円を指値で指定し、購入数量を300にしておきましょう。

2.複数の商品で枠上限まで使う


複数の株式を組み合わせてNISA枠の上限まで使用することもできます。

例えばCとDの2つの株式に通常のNISA口座で投資をするのなら、Cを80万円分、Dを40万円分というように合計で120万円になるように組み合わせることができます。通常のNISA口座では株式以外にも投資信託ファンドも投資できるので、株式と投資信託ファンドを組み合わせるのも良いでしょう。

3.少額の商品で購入・売却を繰り返す


短期間の売買を繰り返し、年間の購入額をNISA枠の上限に近づけるという方法もあります。

例えば投資信託の中でもブル型、ベア型と呼ばれるファンドは、価格変動が激しいため、高額をまとめて購入するのはハイリスクと感じるかもしれません。通常のNISA口座で20万円分だけ購入し、ある程度基準価額が上がったところで売却して利益を確定し、また、基準価額が下がったタイミングで20万円分(もしくは別の投資信託ファンドを20万円分)購入し……という風に20万円ずつの投資を6回繰り返すことでNISA枠を使い切ることもできるでしょう。

もちろん30万円分の投資を4回、40万円分の投資を3回といった使い方もできます。

4.投資信託ファンドを組み合わせる


投資したい投資信託が複数あるときは、それらの数量を上手に組み合わせてNISA枠の上限まで使い切ることが可能です。

例えばつみたてNISA口座で、投資信託ファンドEとF、Gを運用するとしましょう。毎月積み立てるとすると1カ月あたりに購入できる金額は40万円÷12=33,333円となります。E、F、Gそれぞれを11,111円ずつ積み立てるなら、無駄なくNISA枠を使い切れるでしょう。

NISA枠の有効期間

10-7

NISA枠には有効期限があります。有効期限の考え方と有効期限が切れたときの選択肢について見ていきましょう。

その年の枠は12月31日まで


NISA枠の有効期限は1年間ですが、これは投資をしたときから1年ではありません。1月1日からカウントして1年間なので、12月31日までが有効期限です。そのため、投資を始めたのが10月なら、初年度は最大3カ月しか投資できないことになります。

購入日ではなく受渡日で確認しよう


投資できる有効期限は、購入日ではなく受渡日となります。例えば株式投資なら、株式市場が開いているときなら購入してすぐの受渡となるため、購入日=受渡日です。しかし、金曜日に閉場した後で買い注文を出すなら、約定されるのは翌営業日の開場後となるため、最短でも3日後が購入日(=受渡日)となります。

一方、投資信託の場合は、市場が開いているときなら買い注文を出したときが購入日となりますが、金融機関によっては最終注文時間が14:50までというように閉場前に締め切られることもあり、最終注文時間に間に合わなかった場合には翌営業日が購入日となるでしょう。しかも、投資信託では購入から受渡までに2~5営業日かかるため、買い注文のタイミングによっては注文から1週間以上後に受渡となることもあります。

タイミングの注意を怠って年末に買い注文をすると、受渡日が翌年になり、翌年の投資枠を使ってしまうことにもなりかねません。買い注文をする際に必ず「受渡日」が表示されるので、確認してから注文を出すようにしましょう。

NISAの種類によって非課税期間が異なる


NISAの種類によって非課税期間が異なるため、枠全体の有効期限も異なります。例えば通常のNISAとジュニアNISAは5年ですが、つみたてNISAは20年なので、20年間は継続した投資を行うことが可能です。

いずれの口座も併用はできないため、利用したい期間や投資上限額、投資商品の種類によって自分に合ったNISA口座を選ぶようにしましょう。

非課税期間終了後は投資商品の移行先を選択


非課税期間が終了した後は、投資商品の移行先を決めなくてはいけません。新しいNISA口座に移行する(ロールオーバー)こともできますが、十分に価格が上がった場合などは売却して利益を確定させることも選択肢に入れましょう。また、さらに価格が上昇する可能性が見込めるときは、利益は課税対象となりますが一般の証券口座に移行することもできます。

ロールオーバーの仕組みと使い方


ロールオーバーとは、新たなNISA口座に現在のNISA口座で保有している投資商品を移行することです。新たなNISA口座も枠上限は120万円ですが、ロールオーバーに限り、現在のNISA口座で運用している投資商品の利益分も含めて運用することができます。

例えばNISA口座に今年5年目を迎える投資商品があるとしましょう。購入時は120万円でしたが、現在の価値は200万円だと仮定します。この場合も、翌年の新たなNISA口座に200万円分すべて移行することができるので、新たなNISA口座では200万円の投資商品を運用することが可能です。NISA制度が続く限りロールオーバーを繰り返せるので、上手に活用して資産を増やしていきましょう。

まとめ

10-8

2024年からは新しいNISA制度が始まり、現在の1年120万円の枠が少し増えることになります。ただし、つみたてNISA制度もそのまま続くため、ご自身に合った口座を選び、資産運用に活かしていくようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修】青柳仁子

◆一般社団法人 日本コンサルティングFP普及協会 代表理事 ◆一般社団法人 ウーマンリッチ実践協会 代表理事 ◆Hito.co株式会社 代表取締役 ◆投資スクールブルーストーンアカデミー 代表 ◆日本ビジネスインテリジェンス協会 理事 ◆日本経済大学大学院 臨時講師 ◆明治大学リバティアカデミー 講師 ◆大手コンサルティング会社で中小企業の財務改善を手掛け、最年少女性マネージャーとして史上初の最優秀賞を得る。その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 ◆個人の家計相談に乗り、3か月で100件の契約を取得し、社長賞を得る。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 ◆2010年に投資スクール『ブルーストーンアカデミー』を設立し、8年で受講生1600名を突破。グループ年商1億円の事業に育てる。相談件数累計20,000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。売り上げの一部をチャリティ団体に寄付
アイキャッチ

お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!