40代の資産運用におけるポートフォリオとは?作り方を詳しく解説

家族の写真

40代は老後が見え始める年齢であり、資産運用でも守る運用を考え始めるべき時期です。本記事では、40代の資産運用におけるポートフォリオについて、作り方や参考例、またその方法について解説します。ポートフォリについて迷っている人は参考にしてください。

資産運用のポートフォリオとは

ポートフォリオの図

資産運用のポートフォリオとは、具体的な金融商品の組み合わせのことです。さまざまな分野でポートフォリオという言葉が使われていますが、もともとは複数の書類を持ち運ぶためのケースを意味します。

ここでは、ポートフォリオやポートフォリオに組み入れる金融商品について説明しましょう。

金融商品の組み合わせのこと

資産運用のポートフォリオとは、金融商品の組み合わせやその一覧のことをいいます。通常、資産運用する場合は、リスク回避のためにいくつかの金融商品を保有しますが、保有する金融商品をまとめたものをポートフォリオと呼ぶのです。

ポートフォリオの内容は人によってさまざまであり、ポートフォリオの内容を見ると、どのような姿勢で資産運用に臨んでいるのかが分かります。

主な金融商品は5つ

ポートフォリオに組み入れる代表的な金融商品は、預金、保険、債券、投資信託、株式の5つです。(投資信託:多くの投資家から集めた資金を投資のプロがまとめて運用し収益をあげることを目的とした金融商品のこと)

たとえば、これらの5つの金融商品を組み合わせてポートフォリオを作ってみるとしましょう。比較的リスクが低めのポートフォリオを作ると、「預金:保険:債券:株式投資:投資信託=5%:5%:30%:20%:40%」などのように、預金・保険・債券の比率が高めにするといいでしょう。リターン重視でポートフォリオを作りたい場合は、株式投資をメインにするポートフォリオが考えられます。

後述しますが、金融商品によってリスクとリターンが異なるため、リスク低めのポートフォリオを作りたい場合は、リスクの低い金融商品を多めに組み入れるのです。ほかにもFXやビットコイン、不動産、金、REITなどありますが、これらは投資に慣れてきてから少しずつチャレンジするほうがよいでしょう。

金融商品によりリスク・リターンが異なる

金融商品によってリスク・リターンが異なります。次の図を見てください。

金融商品によるリスクとリターン

預金や保険、債券などはローリスク・ローリターンです。株式は投資の王道ですが、実はハイリスク・ハイリターンな部類に入ります。投資信託にはさまざまな商品があり、商品によってリスクが異なるため、選ぶ際には注意が必要です。

さらに金融商品は国内のものと海外のものに区分され、基本的に、国内の金融商品より海外の金融商品のほうがハイリスク・ハイリターンといえるでしょう。

40代がポートフォリオを作るポイントとは

芽とお金

40代がポートフォリオを作る際のポイントは、株と債券を軸にすることです。また投資の基本である分散投資も心がける必要があります。ここでは、40代がポートフォリオを作るときに押さえておくべきポイントについて説明しましょう。

株と債券を軸に作る

ポートフォリオを作るときは、株と債券を軸にします。株と債券は、その性質からおおよそ反対の値動きをするためリスク分散に有効です。この2つを軸に、株式や債券メインの投資信託も活用しながら、ある程度リターンを狙いつつ、バランスを見ながらほかの金融商品を組み入れていくのが基本的な考え方です。

債券は満期になれば元本に利息がつき戻ってくる金融商品のことで、元本保証されている代わりに大きなリターンは見込めません。しかしながら、ゆっくりと着実に資産を増やしていけます。

一方、株式は企業の成長を期待して株式を購入し、価格が上がったところで売却し売却益や配当金を得るという金融商品です。株式は、元本を2倍、3倍にすることも可能ですが、反対に読みが外れると元本割れも大いにあり得ます。

債券はなだらかな右上がりの線で、株式は大きくうねる波線のようなイメージです。このように値動きが異なる2つの金融商品を軸にして、ほかの金融商品のリスクやリターンを加味しながらポートフォリオを作ります。

分散投資を心がける

ポートフォリオを作るときは分散投資を心がけます。先ほど説明したように、さまざまな金融商品のなかの株と債券を軸に作りますが、いずれも国内のものだけでなく海外の金融商品も組み入れます。なぜなら国内と海外の金融商品は値動きが異なるため、国内の金融商品だけのポートフォリオよりも海外のものも組み入れたほうがリスクが分散されるからです。

GPIFの分散投資を参考にする

ポートフォリオを作る際には、GPIFの分散投資を参考にするのもいいでしょう。GPIFとは「年金積立金管理運用独立行政法人」のことで、国民の年金をまとめて運用している機関です。

先ほど5つの金融商品を組み入れることをおすすめしましたが、GPIFのように株式と債券だけでポートフォリオを作る方法もあります。 GPIFのポートフォリオは、国内債券:国内株式:海外債券:海外株式=25%:25%:25%:25%です。シンプルですが、その運用実績は決して悪くありません。

2011年から2019年の通期収益率は2.58%です。 毎年、運用実績や資産構成割合が発表されるので参考にしてみてください

※参考:年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)

40代・50代のポートフォリオの参考例

携帯のポートフォリオの画象

40代、50代のポートフォリオの参考例を紹介します。40代、50代では、リスクを低く押さえじっくりと増やすことを目的としたミドルリスク・ミドルリターンのポートフォリオがおすすめです。

40代のポートフォリオの参考例

40代のポートフォリオの参考例は、次の図の通りです。

40代のポートフォリオ参考例

こちらのポートフォリオは、資産配分の60%(元本確保型20%+国内債券10%+外国債券30%)が守り、40%(国内株式20%+外国株式20%)が攻めの組み合わせです。リスクが大きくならないように株式を少なめにし、債券でじっくりと資産を増やしつつある程度リターンも狙えるポートフォリオになっています。

50代のポートフォリオの参考例

次に、50代のポートフォリオの参考例です。次の図を見てください。

50代のポートフォリオの参考例

こちらは資産配分の75%(元本確保型30%+国内債券15%+外国債券30%)が守り、25%(国内株式15%+外国株式10%)が攻めのポートフォリオです。40代のポートフォリオよりさらに守りに力を入れたものになっています。この年代で損失が大きく出てしまうと老後までにリカバリーできない可能性があるため、守りに力をいれることが大切です。

40代における資産形成の4つのステップ

豚の貯金箱

40代における資産形成には、4つのステップを踏む必要があります。まず現時点の資産を洗い出し、月・年単位の収支を把握、そして将来に必要な費用を大まかに算出しゴールを設定するといった具合です。ひとつずつ詳しく説明しましょう。

1.現時点での資産を把握する

まずは、現時点での資産を把握します。いくつかの銀行口座を所有しているのであれば、預貯金は全部でいくらなのか、また貯蓄型の保険や個人型年金などについてはいつが満期でいくら受け取れるのか、保有している金融商品があればすべて書き出し整理してみましょう。

とくに共働き夫婦の場合、それぞれ職場で積立をしていることも多く、情報共有が必要です。また、見込みの退職金なども確認しておくとよいでしょう。

2.月単位・年単位の収支を把握する

次に、月単位、年単位の収支を正確に把握します。家計簿をつけている人は大丈夫ですが、ある程度の収入のある人だとかえって整理ができていないものです。月単位の収支を把握したら、毎月いくらずつの積立が可能なのかが分かります。

次は年単位です。年単位で、お金の流れを把握しましょう。年単位のお金の流れが把握できると、3年後や5年後といったかなり先の将来のプランを立てることができます。

3.将来の費用を大まかに把握する

次に将来の費用を大まかに把握します。とくに子どもがいる家庭にとって、教育費の算出は非常に重要です。教育費は、国立なのか私立なのか、進路によって費用が大きく変わるため、いくつかのパターンでシミュレーションするとよいでしょう。40代は親の介護費用や家の購入費用なども考えておかなくてはなりません。

年単位の収支と将来にかかる費用を把握すると、退職までにいくらくらいの資産を貯めることが可能なのか把握できるでしょう。

4.ゴールを設定する

最後にゴールを設定します。まずリタイア後に、いくらくらいあれば余裕を持った生活ができるのかといった視点で生活費を算出しましょう。算出した生活費から年金や収入を差し引くと、毎月生活費が足りるのかどうかが分かります。また足りない場合、貯めた資産で十分賄えるのかどうかを把握できるでしょう。

ここまで計算すると、リタイアまでにいくらくらいの資産が必要なのかが掴めるはずです。もし大きく足りない場合は、現時点での生活を見直す必要があるかもしれません。

40代の資産運用で活用したいお得な制度2選

iDeCoと書かれたブロック

40代の資産運用で活用したいお得な制度にNISAとiDeCoがあります。どちらも税制優遇を受けられる制度で、とくに積立投資に向いています。ここでは、2つの制度について解説します。

1.NISA

40代の資産運用に活用したい制度にNISAがあります。NISAとは、少額投資非課税制度のことです。日本に住んでいる人で、口座開設する年の1月1日時点で20歳以上であれば誰でも利用できます。

NISAには3種類ありますが、40代の人が使えるのはNISAかつみたてNISAのいずれかです。ただし、この2つの制度を併用することはできません。

NISAの大きな特徴は、非課税で投資ができるという点です。通常、投資で利益が出た場合、利益に対して20%近くの税金がかかりますが、NISAであれば年間120万円まで非課税で投資ができます。非課税投資期間は、投資した年から5年間です。

たとえば2021年にNISAで投資を始めた場合、2025年までは毎年120万円まで非課税で投資ができます。ある年に500万円の利益が出たとしても、500万円の利益に税金はかからないということです。

一方、つみたてNISAは、年間の非課税投資枠は40万円、非課税投資期間は20年間です。こちらは名前の通り、積立投資が対象となっています。

2.iDeCo

40代の資産運用で活用したい制度にiDeCoがあります。iDeCoは、自分のために準備する任意型の年金制度のことです。iDeCoは、掛金のすべてが所得控除の対象となるため、所得税と住民税を減らすことができます。

また運用期間中の利益は、NISAと同じように非課税です。さらに60歳以降に年金や一時金として受け取るときも税金の優遇制度があります。iDeCoはNISAと比べると、より税制優遇が手厚い制度なのです。

ただし年金制度のため、60歳になるまでお金を引き出すことはできません。また掛金は、職業によって上限が決まっています。必要なときに気軽に引き出せないため、ついお金を使ってしまうという人に向いているでしょう。

老後の年金受給額に不安が残る人は、iDeCoを利用して積立金額を増やすのもひとつの方法です。

まとめ

資産運用と書かれたブロック

40代の資産運用では、積極的な攻めのポートフォリオから守るポートフォリオに切り替える必要が出てきます。退職後の生活も視野に入るようになり、老後の備えも考えなければなりません。お金が必要な時期ではありますが、少しずつでも資産運用し増やしていくことが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

【監修】青柳仁子

◆一般社団法人 日本コンサルティングFP普及協会 代表理事 ◆一般社団法人 ウーマンリッチ実践協会 代表理事 ◆Hito.co株式会社 代表取締役 ◆投資スクールブルーストーンアカデミー 代表 ◆日本ビジネスインテリジェンス協会 理事 ◆日本経済大学大学院 臨時講師 ◆明治大学リバティアカデミー 講師 ◆大手コンサルティング会社で中小企業の財務改善を手掛け、最年少女性マネージャーとして史上初の最優秀賞を得る。その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 ◆個人の家計相談に乗り、3か月で100件の契約を取得し、社長賞を得る。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 ◆2010年に投資スクール『ブルーストーンアカデミー』を設立し、8年で受講生1600名を突破。グループ年商1億円の事業に育てる。相談件数累計20,000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。売り上げの一部をチャリティ団体に寄付
家族の写真

お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!