失敗例で見るiDeCoの正しい運用方法とは

個人で投資信託などを運用して老後の資産形成を行う個人型確定拠出年金「iDeCo」は、いわば自分の年金を自分で用意する制度のため、税金が優遇されるなど国からのサポートが手厚いのが特徴です。ところが、iDeCoは通常の資金運用とは少し性質が異なります。

異なる部分を正しく理解しないまま始めてしまい、運用に失敗するケースも聞こえてきました。そこで今回は、iDeCoの特徴や運用の失敗例、安定した運用のポイントなどをご紹介します。

iDeCoの運用は個別株やFXとは違うことを知っておこう

iDeCoは投資信託なので基準価額の変更は1日に一度だけ

資産運用といえば株価が下がった時を狙って一気に入金して買い、上昇した時に売るといった機動的な売買を想像する人も少なくないでしょう。確かに個別株やFXであればそういった投資戦略は有効です。しかし、毎月一定額しか入金できず、長期運用が求められるiDeCoにはまったく意味がありません。

投資信託の時価評価額を計算したり、購入や換金したりする時は基準価額と呼ばれる投資信託の値段を基に行います。この基準価額は毎営業日、投資信託を運用する会社によって算出され、1日に一度だけ公表されるのが特徴です。市場が開いている間中ずっと値動きを続ける個人株やFXとは値段のつけ方が大きく違うと認識しなくてはなりません。

さらに処理方法にも注意が必要です。投資信託では一定期日までに申し込まれた売買を取りまとめてから翌日以降に処理し、売却に関わる資金の受け渡しが完了するまで待つことになります。少なくても3~4営業日はかかるため、急騰したタイミングで売って利益を確定するといったオンライントレードのようなリアルタイムでの売買とはなりません。そのため、iDeCoで1日に何度も売買を繰り返してもまったく意味がないのです。

iDeCoの運用で重要なのは「含み損に慣れること」

iDeCoを運用していると時には値下がりしてしまうこともあるでしょう。投資に不慣れな場合だと値下がりしたことに焦って売ってしまう、狼狽売りをする人が少なくありませんが、iDeCoは原則60歳になるまで払い出しができない長期運用制度です。値下がりしても売ってしまうまでは含み損でしかなく、マイナスは確定していません。

値下がりする度に売却を繰り返していては永遠に殖えませんし、あまり深刻になる必要もありません。基準価額が回復するまで売らずに待つことがiDeCoを上手に運用するポイントになります。

iDeCoの運用失敗例

生活費を圧迫して家計が赤字になってしまう

毎月の掛け金が全額所得控除されたり、運用益が非課税なったりと税金が国からのサポートが手厚いiDeCoは、最低5,000円から掛け金が設定できます。職業により違いはありますが掛け金には上限があり、勤務先に企業年金等がある会社員の場合は月額12,000円まで1,000円単位で設定可能です。毎月10,000円くらいならなんとかなりそう、と家計の収支を確認せずに軽い気持ちで運用を始めたことで生活費を圧迫するケースが少なくありません。

普段の生活ではさほど問題がなくても車の購入や引っ越し、結婚や子どもが生まれるなど人生には大きなイベントもあります。iDeCoは原則60歳まで払い出しができず、基本的に中途解約もできないため、まとまったお金が必要になった時や、家計が赤字になった時には負担となる可能性があります。今は問題なくても60歳まで継続して払える金額なのかどうか、これからの人生設計をしっかり考慮したうえで決めなければなりません。

掛け金を低くし過ぎて手数料が割高に

iDeCoを始めるにはまず専用の口座を開設しなければならず、開設時に3,000円ほど手数料がかかり、それとは別に毎月口座管理手数料が発生します。金額は金融機関によって異なりますが、500~600円ほどのところもあります。家計への負担を恐れて毎月の掛け金を最低額の5,000円にした場合、10%も手数料として引かれてしまうこととなるのです。

企業年金連合会が発表した2018年度の運用利回りの平均が2.3%だったことを考えると、掛け金が少なすぎることによりiDeCoのメリットを活かしきれない場合があることも考慮しなければなりません。

狼狽売りで元本割れを起こしてしまう

iDeCoは積立投資なので開始当初の利益はほぼありません。しかも、iDeCoは長期運用を目的とし、毎月一定額を掛け金とした投資信託なので「今がチャンスだから100万円を入金しよう」「少し下がってきたからこれ以上損失を出さないために今のタイミングで売ってしまおう」といった頻繁な売買には向いていません。基準価額が下がったからといって焦って手放す、「狼狽売り」をしてしまうと元本割れのリスクが高くなります。

iDeCoで安定した運用をするには

まずは家計の収支をしっかり確認する

iDeCoは一度開始すると原則60歳まで掛け金を払い続けなければなりません。今後も継続的な支払いが可能なのか、よく検討して掛け金の設定をする必要があります。そのためにはまず、現在の家計の収支を確認しましょう。

月ごとの収支だけでなく、年間を通してどんな支払いが必要なのか、その時自分はどう支払ってきたかを正しく把握する必要があります。毎月の収入だけでは足りずにボーナスを生活費に充てている場合は特に注意が必要です。

長期運用だということを前提に商品選びをする

投資信託にはインデックス型とアクティブ型の2種類が存在します。インデックス型とは手数料である信託報酬が比較的低いので安定した利益が得られますが、アクティブ型は信託報酬が高い代わりに効率よく利益を得られるのが大きな特徴です。

目に見えて利益が得られるアクティブ型は投資運用に対するモチベーションも上がりやすいですが、その分リスクも高めです。iDeCoは長期運用を目的とした個人年金です。なるべく信託報酬を安く抑え、低リスクで手堅く安定した利益が得られるインデックス型を選択する方が無難です。しかし、アクティブ型がiDeCoに不向きというわけではありません。長く運用を続けて投資に慣れてきたら、アクセントとして一部アクティブ型を取り入れるなどしてもいいでしょう。

支払いの継続が難しい時は掛け金の減額や中断も検討しよう

iDeCoを続けるうちにライフプランに大幅な変更があることもあります。場合によっては毎月の掛け金が負担になることもあるでしょう。しかし、iDeCoは基本的に中途解約ができないため、なかには借金をしてまで掛け金の支払いを続けてしまう人もいます。しかし、老後の資産形成のために借金をしてしまうようでは本末転倒です。

毎月の掛け金の支払いが難しい場合は掛け金の減額や、積立の中断も検討しましょう。掛け金は最低5,000円まで減額可能ですが、掛け金の変更手続きは1年に一度しかできないので注意が必要です。また、積立はいつでも中断でき、中断していても資産は残っているので継続して運用が可能です。

手続きをすればいつでも積立の再開が可能なので、毎月の掛け金が負担に感じる状況になった場合には選択の一つとして検討しておきましょう。

今回は、iDeCoの特徴や運用の失敗例、安定した運用のポイントなどをご紹介しました。

iDeCoは老後の資産形成が可能な個人型確定拠出年金です。税金面で大きな優遇がある反面、様々な制約もあるため、運用方法を間違うと資産形成が難しくなります。しっかり理解してから運用を開始する必要があるでしょう。


お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!


ABOUTこの記事をかいた人

青柳仁子

◆一般社団法人 日本コンサルティングFP普及協会 代表理事 ◆一般社団法人 ウーマンリッチ実践協会 代表理事 ◆Hito.co株式会社 代表取締役 ◆投資スクールブルーストーンアカデミー 代表 ◆日本ビジネスインテリジェンス協会 理事 ◆日本経済大学大学院 臨時講師 ◆明治大学リバティアカデミー 講師 ◆大手コンサルティング会社で中小企業の財務改善を手掛け、最年少女性マネージャーとして史上初の最優秀賞を得る。その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 ◆個人の家計相談に乗り、3か月で100件の契約を取得し、社長賞を得る。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 ◆2010年に投資スクール『ブルーストーンアカデミー』を設立し、8年で受講生1600名を突破。グループ年商1億円の事業に育てる。相談件数累計8000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。売り上げの一部をチャリティ団体に寄付