iDeCoとは?

iDeCo(イデコ)とは何か?

iDeCoとは、個人型確定拠出年金の愛称です。

制度としては、自分で決めた額を積み立て運用し、60歳以降に受け取ることができる自分年金と言うことができます。税金が優遇されているので、とてもお得な制度なのです。

iDeCo(イデコ)の概要

では、その概要を説明します。

ちなみに、iDeCoは「個人型」確定拠出年金の愛称なのですが、他に「法人型」確定拠出年金というものもあり、「401k」と呼ばれることもあります。いずれも制度の概要はほぼ同じですので、個人型でも法人型でも参考にしてください。ここでは便宜上、iDeCo制度として解説します。

 

自分年金として加入する

iDeCoを利用するかどうかは、各人の自由です。公的年金(国民年金や厚生年金)は加入が義務とされているのに対し、iDeCoは「自分で入る私的年金」という位置づけです。

平成29年1月から、20歳以上60歳未満のすべての方が加入できるようになりました。

(勤務先が企業型確定拠出年金に加入している方は、原則としてそちらに加入することになります。規約で定めている場合は、両方に入れます)

加入すると、掛け金を拠出、つまり自分で出して毎月積み立てをすることになります。

 

掛け金を自由に決められます

毎月拠出する掛け金は、自分で決めることができますが、ご自身の状況によって掛け金の上限が変わります。少し分かりにくいので図で解説します。

※国民年金基金連合会iDeCo公式サイトより抜粋

「拠出限度額」というところが、毎月の積み立て金の上限です。

状況によって違うというのは、主婦の方なのか、会社員の方なのか、といった感じであなたの属性で変わるということです。

例えば、主婦の方は、月額2.3万円(年間で27.6万円)が上限です。

自営業の方は、月額6.8万円(年間で81.6万円)、公務員の方は、月額1.2万円(年間14.4万円)が上限ということになります。ここまではシンプルですね。

分かりにくいのは、会社員の方です。これは、あなたがお勤めの企業側でどういう制度を導入しているか、によって変わってきます。ですので、お勤めの会社の人事部か総務部に確認してください。

簡単にまとめると、会社が「企業型確定拠出年金」を導入していない場合、月額2.3万円(年間で27.6万円)が掛け金の上限になります。

会社が、企業型確定拠出年金を導入している場合、会社によって掛け金が異なることがありますので、お勤めの会社に確認が必要です。

いずれにしても、会社員の方は、まずはご自身がお勤めの会社が、「企業型確定拠出」に加入しているかどうか、を確認し、それから、掛け金の上限を確認しましょう。

iDeCoの場合は、最低投資額は5000円です。企業型の場合は会社に確認してみましょう。

掛け金の金額は変更することが可能ですが、年に1回しか変更ができません。掛け金の設定については別の記事で触れますが、無理のない金額にしておくのが鉄則です。

 

掛け金は自分で運用できます

では、月々積み立てている掛け金はどこに行ってどうなるのか?ということを解説します。

掛け金は、それぞれの金融機関へ積み立てられ、そのお金は自分で運用を行うことができます。それぞれの金融機関というのは、iDeCoなら自分で金融機関を選ぶことができ、企業型なら、会社が一つの金融機関をすでに選んでいて、そちらにお金が積み立てられることになります。

自分で運用するというのは、積み立てたお金をiDeCoの中にあるメニューに分配して運用するのですが、そのメニューは、それぞれの金融機関によって違います。どんなメニューがあるかは、イデコは事前に見ることができるので、金融機関選びの際に参考にしましょう。

メニューというのは、イデコで選べる投資商品ということで、定期預金、保険、投資信託等を選ぶことができます。

そのメニューに入っているものからしか選べませんので、ご注意ください。

つまり、iDeCoで、株を運用したいとか、別で運用している投資信託を指定して運用したいとか、そういうことはできないということです。あくまで、iDeCoという商品に組み込まれているメニューで運用します。

運用が分からない人のために、必ず、元本保証の定期預金などが含まれていますので、「投資ができないから不安」という方でも大丈夫です。

もちろん、せっかくなら投資をお勧めしますが、そのあたりは後ほど触れます。

 

iDeCoの管理と運用

配分の指定・変更とスイッチング

では運用はどのように行うのか、ということですが、掛け金のうち、割合を決めて指定した商品に積み立てを行います。

と言っても、一度設定すれば、後は自動で積み立ててくれるので、毎月毎月、見なくてはいけないということはありません。

また、iDeCoはネットで割合を変えたり、現状を確認したりできるので、手軽に運用できるといえます。

割合を決めるというのは、例えば、月々2万円を積み立てているなら、そのうちの、10%を定期預金、20%を保険、30%をA投資信託、20%をB投資信託、20%をC投資信託、というように、全体で100%になるように、配分と商品を自分で指定するのです。

そして、この配分はいつでも変更することができます。

また、スイッチングと言って、積み立てた資金を、商品間で移動させることもできます。定期預金に積み立てられた10万円分をA投資信託にスイッチング、ということもできるということです。

こちらも何度でもできますが、商品によっては手数料がかかることもあるので、その点は確認しておきましょう。例えば、A投資信託に積み立てた50万円を定期預金にスイッチング、という場合は、A投資信託を50万円分解約(売却)して、その現金を定期預金に移すことになりますから、その解約手数料がかかる場合があるということです。

 

積み立て期間

では、iDeCoを始めたとしたら、いつまで続けるのでしょうか?

実は、積み立て期間は60歳まで、と決まっています(2018年12月現在)。ただし、定年が伸びた現状では、積み立て期間の延長も検討されているので、変更の可能性はあります。

とにかく、60歳までは積み立てが可能ですが、途中で休止したり再開したりすることもできます。状況に応じて無理の無いように活用しましょう。

 

途中で解約できる?お金はいつ受け取れる?

途中で積み立てを休止することはできますが、解約することはできません。積み立てがお金は、60歳になるまでは原則として引き出すことができないのです。

原則として、というのは、東日本大震災のような災害時は例外ということです。

また、60歳になったとしても、iDeCoは加入期間が10年以上無いと受け取る権利が得られないので、仮に55歳から積み立てを始めたら、65歳まではお金を受け取れないということになりますので注意が必要です。

今の時代、65歳でも元気で働いている方も多いでしょうが、計画的に加入してください。

60歳を過ぎて、10年以上加入期間があれば、いつでも受け取り可能です。60歳から70歳までの間の好きな時期に受け取ることができるので、「積み立ては終わったけどもう少し運用したい」という場合でもそのまま運用を継続することができます。

最終的に受け取るところまで、長期計画で考えておく必要がありますね。

途中で転職したら?

長期的に考えると、転職や結婚、出産などでライフスタイルも変化する可能性がありますよね。そんなときでも、iDeCoはその状況に合わせて対応することができます。

例えば、転職した会社で「法人型確定拠出年金」が導入されていた場合、そちらに移管することが可能ですし、結婚して主婦になったら、またiDeCoに戻して運用する、ということもできます。

将来の資産形成として、しっかりと持ち続けられる制度なのです。

 

iDeCoの始め方

最後にiDeCoの始め方について解説します。

iDeCoは、各金融機関の「iDeCo」という商品に自分自身で申し込むという手続きが必要です。金融機関とは、銀行や証券会社、労働金庫などです。個人的には、ネット証券ですとWEBの画面も見やすいし、商品数も多いのでお勧めですが、各金融機関のサイトで取り扱い商品などを確認してみましょう。

金融機関が決まれば、後は、書類を取り寄せて、必要書類を揃えて提出すればiDeCoが開設可能です。ただ、1か月~3か月くらいかかるようなので、早めに申請して後は手続きが完了するるのを待ちましょう。


お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!


ABOUTこの記事をかいた人

青柳仁子

◆一般社団法人 日本コンサルティングFP普及協会 代表理事 ◆一般社団法人 ウーマンリッチ実践協会 代表理事 ◆Hito.co株式会社 代表取締役 ◆投資スクールブルーストーンアカデミー 代表 ◆日本ビジネスインテリジェンス協会 理事 ◆日本経済大学大学院 臨時講師 ◆明治大学リバティアカデミー 講師 ◆大手コンサルティング会社で中小企業の財務改善を手掛け、最年少女性マネージャーとして史上初の最優秀賞を得る。その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 ◆個人の家計相談に乗り、3か月で100件の契約を取得し、社長賞を得る。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 ◆2010年に投資スクール『ブルーストーンアカデミー』を設立し、8年で受講生1600名を突破。グループ年商1億円の事業に育てる。相談件数累計8000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。売り上げの一部をチャリティ団体に寄付