株式投資を始める女性向け・初心者におすすめの勉強法7選

本を読む女性

株式投資を始めたいと考えているけれど初心者なので知識もなく不安だと感じている女性は多くいるでしょう。

株式投資に不安を感じる女性の中で、次の悩みを抱えていませんか?

  • 株式投資に興味があるが、難しそうだと感じている
  • 株式投資は何から手を付けていいかわからない
  • 株式投資の勉強法を具体的に知りたい

以上の悩みを抱えている方に向けて、株式投資初心者におすすめの勉強法や株式投資が女性に向いている理由などをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

株式投資が女性向けと言われる理由

パソ子を見つめて話し合う二人の女性

女性の方が安定した利益を出しやすい

株式投資に詳しくない方にとっては少し意外に感じられるかもしれませんが、男性よりも女性の方が株式投資に向いている性質を持つと言われています。実際に、女性の方が男性よりも安定した利益を出す傾向があるとの調査結果も存在するほどです。

株式投資は自分のお金を元手として企業に投資するので、ギャンブルや賭けに近い性質のものと考える男性が多い傾向にあります。しかし、株式投資はギャンブルのように短期的に大きな損得をするものではありません。

配当や株主優待を得ることで長期的に損得を見据えることが株式投資において重要ですが、女性はこのような長い目で流れを捉える見方や考え方をしやすい傾向があります。眼前の株価変動に惑わされないので、安定した利益を出しやすいと言われているのです。

柔軟に投資方法を変えられる人が多い

もう1つの理由として、相談をあまりせず独断で決定しがちな人も多い男性に対して、女性は他人の意見をよく取り入れようとする傾向があります。女性は自分のやり方や考えのみに囚われずに、周囲から得たアドバイスや意見によって投資方法を柔軟に変更できる人が多いです。これも1つの方法のみでは安定的な利益を出しづらい投資の世界において適した性質と判断できます。

失敗経験をいつまでも覚えている

男性は、失敗した瞬間は反省しますが、その後はすぐに忘れてしまう人が多い傾向にあります。しかし、女性は自分の失敗経験を長い間覚えている人が多く、過去の失敗を今後に活かしていこうと考える傾向があります。

挑戦すれば確実に利益のみを得られるわけではなく、失敗や損をすることも避けられない株式投資において、過去の失敗を活かす女性の性質は向いているのです。

株式投資を始める前に身に付けておきたい知識

スマホとパソコンで見る株式チャート

株式とは?

それでは、株式投資を始める前に身に付けておきたい知識を順にご紹介していきましょう。まず、基本的な事項である「株式」とは何かについてご説明します。

株式とは、簡単に言うと株式会社の構成員としての地位・権利のことを表す言葉です。資金を必要としている企業の株を買うことがいわゆる株式投資であり、株を所持するとその企業の「株主」としての権利を得られます。

経済の仕組みを大まかにでも理解しよう

株式投資を行うには、世の中の経済や株式市場の仕組みをざっくりと理解することが必要です。しかし、株式の仕組みは意外にシンプルです。株を安く購入して高く売るとその差額が利益になります。これが株式投資で利益を得る仕組みです。

株式投資は株の売買以外にも利益を得られるという特徴もあります。例えば、株主優待の権利を所持していると、企業から物品や金券などが利益の一部として還元されます。また、株式投資した企業が利益を得たり成長したりすることで、株主は相応の利益の分け前や取り分である「配当金」を得ることができるのです。

株式投資とは日本経済の成長に誰もが貢献することができる非常にポジティブな投資方法です。ただし、株式投資によるメリット・デメリットの両方をしっかり意識することも忘れないようにしましょう。

中長期の投資を始めよう

株式投資は、短期取引完結型のスキャルピングや期間限定で行うイベント投資など様々な種類のやり方がありますが、中長期のスパンで行うのが最もメジャーな投資方法です。

短期の売買では大きな損得が出やすいですが、中長期の投資は長い目で見る投資です。毎日の相場変動に一喜一憂する必要はないので、個人投資家に合った投資方法と言えます。

株式投資を始める女性向け!おすすめ勉強法

株式を勉強する女性の手

経済に関する番組を見る

まずは、経済に関するテレビ番組を見るのも1つの良い方法です。経済に関する番組を継続的に観る習慣を付ければ、日本や海外の株式市場の動向や変化などを専門家の解説付きでリアルタイムで詳しく知ることができます。

株式投資の初心者に向けて専門家が解説する番組もあるので、株式投資についての知識が身に付きます。

経済新聞やマネー雑誌を読む

日本経済新聞をはじめとする経済新聞を読めば、上場企業関連の最新ニュースや株式市場に大きな影響を与えた話題などについて知ることができます。その他にも、株式投資に関する様々なニュースが載っているので、勉強にはうってつけです。

また、マネー雑誌を読むメリットは成功した投資家の特集や上場企業についての紹介などの記事を多く読むことができる点です。新聞よりも比較的読みやすい内容になっています。

株式投資に関する書籍を読む

株式投資に関する書籍を読むのも勉強になります。書籍は膨大な量があるので、選ぶポイントをご紹介します。

  • ロングセラーと書かれている書籍
  • 実際に個人投資家として成功を収めている人が書いた書籍
  • 株式投資の歴史において輝かしい功績を収めた著名人の書籍

以上の共通点から着目してほしいのは、株式投資において実際に長期的な成功を収めた人の書籍を読むのが効果的ということです。投資や経済の世界では短期的な変動が多くありますが、その中でも長く利益を得てきた人の書籍には有益な内容がたくさん書かれています。

初心者向け投資セミナーに参加してみる

各地で行われている投資セミナーに参加するのも勉強法の1つです。投資セミナーではプロの話を聞くことができるので、投資に関する理解が深まります。投資セミナーには様々なレベルがあるので、初心者向けのものを選んで参加してみましょう。

とにかく株式を買ってみる

勉強と聞くと、株式を買う前に多くの知識を得なければならないと考える方も多いですが、株式投資は実践で学ぶのが一番多くの学びを得られます。企業はたった数ヶ月で大きく成長することはあまりなく、ただ外から観察するだけでは学ぶ内容にも限界が来るでしょう。

実際に気になった企業の株を買って中長期の投資を行い、株主総会に出席したり株主優待を体験したりすることで会社の変化を肌身で感じられます。最初から上手くいく投資は少ないですが、成功や失敗を繰り返すうちに株式投資について多くの学びが得られます。

気付いたことをノートなどに残しておく

株式投資にチャレンジし始めたら、その都度気付いたことや学んだことなどをノートやブログなどに自分の言葉でまとめることをおすすめします。株式投資では、失敗経験を改善して次に活かすのが重要なポイントです。

日々投資を行っていると全てを記憶しておくのは不可能です。毎回気付いたことがある度に文字で残しておくと、何度も後から見返して学び直せます。

自分なりにチャートを分析してみる

ヤフーファイナンス等で株価チャートを見て分析するのも独学で勉強する際は有効な方法です。株価チャートとは株価の変動をグラフ化して見やすくしたもので、観察することで株価の水準や予測、売買のタイミング等を学べます。

株価は企業の業績に合わせて上下する印象がありますが、実はそれだけではありません。季節性やイベント時にも大きな変動が起こることは多々あります。チャートの変動が大きい時に何が起こったのかを調べることで規則性を知り、大まかな予測を立てられるようになるのです。

まとめ

株式投資はギャンブルではなく、しっかりと勉強すれば地道に利益を上げられる堅実な投資方法です。株式投資に挑戦してみたいと考えている方は、ぜひ今回ご紹介した7つの勉強法を参考にしてみてください。株の運用をマスターすれば、銀行の定期預金よりも長期的に見て多くの利益を上げることができるでしょう。