NISA口座の非課税期間と投資額上限

NISAの非課税期間と投資金額の上限とは?

NISA(ニーサ)とは少額投資非課税制度のことです。

CMなどでも目にするようになりましたので、聞いたことはあるという方も増えたでしょう。

実際に、2014年から開催されたこの制度は、すでに1000万人以上の人が利用しています。

とはいえ、使ってみたいけど、良く分からないという方も多いと思いますが、うまく活用すれば大きな力を発揮しますので、是非、しっかりと学んでください。

 

NISA口座で投資をして利益が出たとしても、税金が掛からないのですが、永遠に税金が0円という訳ではありませんのでご注意ください。

NISAには、非課税期間という期間が決まっていて、その間はどんなに利益が出ても税金がかからないということです。その期間は、NISA口座は5年間積み立てNISAは20年となっています。

少し分かりにくいかもしれないので、動画でも解説しました。

 

NISAの非課税期間は最長5年

さて、NISA口座の運用で税金がかからないのは、最長で5年間です。
まずは、これを理解しましょう。

5年の考え方ですが、投資した年(商品を購入した年)から数えて5年目の年末です。
その年の1月に投資しても、同じ年の12月に投資しても、非課税期間の終了時期は同じになります。

例えば、2014年にNISA口座で投資信託を購入した場合、2018年12月末に非課税期間が終わるということです。

2015年に投資をした場合、2019年12月末に非課税期間が終わります。
このように、NISA口座は、1年ごとに独立して期間の計算をすることになります。
これを図にするとこうなります。

 

金額については後ほど解説しますが、上の図のように、5年間の期間がそれぞれの年から始まることになります。

そして、NISA制度は、2023年までで終了予定となっておりますので、2024年以降はNISAでの投資はできなくなりますが、2023年に投資をしたものは2017年の12月末まで非課税となります。

では、5年の非課税期間終了後にはどうなるのか?と思いますよね。

非課税期間終了までに、3つの選択肢があります。
・5年を待たずに売却する
・翌年のNISA枠へロールオーバーする
・課税口座(特定口座・一般口座)へ移管する

では、それぞれを解説します。

・5年を待たずに(非課税期間内に)売却する場合

非課税期間内に売却する場合は、一番シンプルで、投資で利益が出ていてももちろん税金はかからず、現金化することができます。
仮に損をしてしまった場合は、損益通算もできませんから、NISAのメリットは特にありません。

・翌年のNISA枠へロールオーバーする

次にロールオーバーについて説明します。

ロールオーバーとは、非課税期間が終わったNISAで運用していたものを、そのまま翌年のNISA枠へ移すことを言います。
そうすると、そこからまた5年間非課税ですので、最大で運用できる期間は10年になります。

例えば、2014年にNISA口座で購入した投資信託の非課税期間は2018年12月末で終わりますが、この投資信託を2019年の非課税枠に移すと、2023年まで非課税期間を延長することができます。

つまり、実質2014年から2023年までの10年間非課税で運用できるということです。

ただし、仮に、120万円の運用が150万円になって5年目を終えた場合、翌年のNISA枠に移すことはできますが、移した年のNISA枠はそれですべて使ってしまうことになりますので、その年に新たな投資はNISAではできません。

嬉しいことには、120万円以上の資産がNISAにあったとしても、翌年のNISA枠へ満額移管できるということです。

この時に注意すべきは、移管の際に、その時の時価で移管されるということです。
仮に150万円分の投資信託であれば、その時の価格で新たなNISA枠での投資ということになるのです。

・課税口座(特定口座・一般口座)へ移管する

課税口座に移すという選択肢について簡単に解説すると、NISA口座で5年間運用した後、そのまま特定口座もしくは一般口座といった、通常の課税される口座に移すことができるということです。

NISA口座の中で出た利益については税金はかかりませんが、課税口座に移したのちに運用して利益が出れば、その分は課税されるということになります。

そして、課税口座に移したのちの利益、とはどう計算するかというと、課税口座に移した時点での時価が基準となり、そこから利益がでれば課税されるということです。

NISA口座に移管する場合に関しては、利益が出ても出なくても、税金の計算がありませんから特にデメリットは無いのですが、課税口座に移管する際には注意が必要です。

その点は、NISAのデメリットで詳しく解説していますので、そちらを参照してください。

 

NISAの投資額上限について

NISA口座では、無制限に投資ができるわけではなく、1年間の投資金額上限が120万円と決められています。

つまり、1年間で投資することができる金額が、120万円ということです。

例えば、毎月10万円ずつ投資をしたら12か月で上限に達するということです。もちろん、一括で120万円の投資もできます。

1月に120万円をNISAで投資したら、その年のNISA投資枠は上限に達するので、その年はそれ以上は投資できませんが、翌年になればまた新たな120万円の枠ができるので、NISA口座で投資ができるようになります。

ただし、繰り越しはできません。
仮に、1年間にNISAで10万円だけ投資をしたとして、残り110万円のNISA投資枠が残っていたとしても、翌年に繰り越すことはできません。年が変わると、枠はリセットされるということですね。もちろん、投資をした分については翌年もリセットされず、あなたが解約するまでは運用され続けます。

また、NISAの投資枠は、復活もしません。
つまり、ある年の1月に50万円をNISA枠で投資したとして、その年の6月にそれを売却して現金に戻したとします。その場合でも、すでに使ってしまったNISA枠50万円分は、復活することはありません。
その年に新たに投資できる分は、残りの70万円ということになります。

このように、NISAは、投資金額の上限が決まっているので、その範囲内で活用しましょう。

こちらも動画で解説していますので、参考にしてください。

 

 


お金を増やし資産を作る投資メゾット


あなたは毎日の生活が忙しいからと言って、お金を貯める事・将来の資産作りについて考える時間もないと見て見ぬふりしていませんか?

資産を作るのに年収は関係なく誰でも実現可能です!その方法は、誰がどう見ても「出来そう」としか思えないたった7つのステップを意識するだけ。

コツコツ・少しずつ20年後、30年後を見据えた、誰でも実践出来るお金の殖やし方を無料レポートにてお伝えします。

●無料レポート概要
1・収入の2割は貯蓄する
2・家計をメタボにしない
3・貯めたお金は寝かさずに増やす
4・お金の流れを作る
5・リスクとうまく付き合う
6・ブレーンを持つ
7・自己投資を欠かさない

など、他では入手できない秘密の投資メゾットを無料でプレゼント中です!


ABOUTこの記事をかいた人

青柳仁子

◆一般社団法人 日本コンサルティングFP普及協会 代表理事 ◆一般社団法人 ウーマンリッチ実践協会 代表理事 ◆Hito.co株式会社 代表取締役 ◆投資スクールブルーストーンアカデミー 代表 ◆日本ビジネスインテリジェンス協会 理事 ◆日本経済大学大学院 臨時講師 ◆明治大学リバティアカデミー 講師 ◆大手コンサルティング会社で中小企業の財務改善を手掛け、最年少女性マネージャーとして史上初の最優秀賞を得る。その後外資系生命保険会社にヘッドハントされ転職。 ◆個人の家計相談に乗り、3か月で100件の契約を取得し、社長賞を得る。 2007年に中立的な立場のFP事務所を立ち上げ独立。 ◆2010年に投資スクール『ブルーストーンアカデミー』を設立し、8年で受講生1600名を突破。グループ年商1億円の事業に育てる。相談件数累計8000件以上、相談を受けた投資金額累計25億円以上。売り上げの一部をチャリティ団体に寄付