手軽に貯まる楽天ポイントカード運用コツとは?運用のメリット・デメリットもご紹介

積み重ねたコインから芽生える植物

この記事をご覧になっているということは、楽天ポイントカードの運用について調べている最中かと思います。様々な場所で貯めて利用できる便利な楽天ポイントですが、楽天ポイントカード運用でより多くのポイントが貯められるようになるでしょう。

投資感覚でできると言われている楽天ポイント運用とは、一体どのようなものなのでしょうか?今回は、楽天ポイントカード運用のコツと魅力についてご紹介していきます。運用時の注意点もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ショッピング以外で貯まる!楽天ポイントカード運用の特徴

積み重ねたブロック

楽天ポイントカード運用とは?

楽天ポイントカード運用は楽天スーパーポイントを使って、投資を疑似体験できるサービスです。実際に金融商品を購入してやり取りしていくわけではないので、運用にお金はかかりませんし、投資未経験の人も安心して利用できます。

楽天ポイントカード運用は投資の疑似体験なので投資したポイント分以上のリターンがくる場合もあります。買い物でなかなかポイントが得られない人でも多くのポイントを集められるでしょう。

1回100~3万ポイントまで追加して運用できる

楽天ポイント運用では1回につき100ポイントから運用が始められます。100ポイントというと1万円分の買い物に値するので、比較的貯まりやすいポイントだと言えるでしょう。

また、運用を始める最高額に関しては3万ポイントであり、多くのポイントを使って投資にチャレンジしてみることもできます。

運用コースは2種類

楽天ポイントカード運用ではアクティブコースとバランスコースの2つに分かれており、好きな投資スタイルで楽しむことができます。

  • アクティブコース

アクティブコースは楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)の基準価格の値動きと連動する投資で、ハイリスクハイリターンの運用が楽しめます。ポイントを多く使用するリスクはありますが、もし投資に成功すれば返ってくるポイントはとてつもなく大きいです。

まさしくアクティブという名に相応しく、ポイントを一気に増やしたい方にはピッタリです。

  • バランスコース

バランスコースでは楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)の基準価格の値動きと連動し、アクティブコースとは裏腹にローリスクローリターンの投資ができます。

安定してポイントを増やせるようになるため投資に自信がない人でもリスクを背負うことなく運用が行えるようになっています。投資に安定を重視する人に向いているコースです。

それぞれのコースは変動する指数が違うため、全く異なる投資スタイルを体験できるでしょう。

楽天ポイントカード運用のメリット

円マークを持つ手

口座開設不要ですぐに始められる

楽天ポイントカード運用は投資用の口座開設が必要ありません。審査は不要で誰でも簡単にすぐ始められる特徴を持っています。

これまでに口座開設の手間が面倒で投資をしてこなかった人も、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

疑似的に運用を体験できる

投資はベテランの人が有利に立つ世界なため、知識やスキルを持っていない初心者が運用を行ってしまうのは危険です。そんな問題を解決するのが楽天ポイント運用です。

楽天ポイント運用と連携している投資信託は、投資のプロが運用を担っている投資なため、プロの動向を把握できる情報材料としても使えます。どのような値動きをしているのかが楽天ポイント運用を通して確かめられ、知識や経験として身に付くでしょう。

少額で始められる

楽天ポイントカード運用は何といってもポイントで始められるため、費用は掛かりません。楽天ポイント運用は投資のジャンルの一部になっていますが利用するための登録手数料は無料であり、なおかつ運用するポイントも気軽に貯められる100ポイントからできるという点が非常に魅力的です。

楽天ポイントカード運用のデメリット

楽天ポイントがないと運用ができない

様々なメリットがある楽天ポイントカード運用ですが、デメリットもあります。中でも楽天ポイントに関するデメリットがあります。

楽天ポイント運用はそもそもポイントがなければ始められません。ポイントを貯めるために買い物をする必要が出てしまうのです。

結果的にコストは掛かってしまうものの、普段から活用している人には問題ありません。また、クレジットカードなどを作ったり、様々なサービスに登録したりするだけでポイントがもらえる場合もあります。楽天ポイントを普段使いしないという方は、この方法で集めてみましょう。

運用したポイントが減る場合がある

金融商品ではありませんが資産運用疑似体験であるため、貯めたポイントが減ってしまうことは多々あります。これまでに多く貯めてきた人は無くなる可能性もあることを念頭において運用していきましょう。

期間限定ポイントは追加できない

楽天ポイントカード運用の中でも特にもったいないと感じるのが期間限定ポイントでは運用できない点です。楽天カードを発行した際にもらえる5000ポイントや8000ポイントでは運用は不可能であり、買い物によって得たポイントのみが運用の対象になっています。

SPUの対象外

運用しているポイントが増えたとしても SPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象になっていません。そのため、楽天ポイントカード運用だけではより高い還元率にするのはできない形になっています。

楽天ポイントカード運用コツは5つ!

電卓とペンとグラフ

迷ったら2つのコースで運用をしてみる

楽天ポイントカード運用ではアクティブコースとバランスコースどちらか1つに絞ることなく運用を行えます。もし、どちらにするべきかと悩んでいたら、どちらのコースも試してみて自分に適しているコースを選択するのをおすすめします。

定期的にポイントを追加して長期運用をする

投資の疑似体験であるが故に、運用しているポイントが増える機会は多々あります。そのため、これから一気に増やせるとなったらポイントを追加し、さらにリターンを獲得することが上手に運用していくコツです。

運用状況はこまめに確認する

楽天ポイントカード運用はチャンスの時もあれば、逆にピンチな状況もあります。こまめに市場状況を確認しないと貯めたポイントが一気に無くなってしまう可能性もゼロではないので、運用状況のチェックは忘れずに行いましょう。

ポイントを引き出して含み損リスクを下げる

ピンチな状況が来ていると分かったら、大きな損失を防ぐためにポイントを引き出すことをおすすめします。含み損のリスク下げて運用を安定化させることが投資においては重要です。 

普段の生活で楽天ポイントを貯めることも大事

楽天ポイントカード運用でポイントが多く貯められるからといっても、普段の生活で楽天ポイントを貯めることも忘れてはなりません。

楽天ポイントカード運用にて運用が失敗してしまえば、ポイントは減ります。確実にポイントを保守し増やしていくには買い物することも大事です。

まとめ

楽天ポイントカード運用は投資未経験者にもありがたいと思えるメリットが詰まったものとなっています。

運用資産ゼロからのスタートで口座開設の必要はなく、手数料も無料、さらには投資信託と連動していることから投資を勉強するにはピッタリで、投資のノウハウを積み重ねられます。

デメリットも少々ありますが、楽天ポイントカード運用ならではの魅力はデメリット以上で、多くの人が利用してきています。ぜひ、投資の世界に踏み出す一歩として楽天ポイントカード運用を試してみてはいかがでしょうか?